唾液検査『シルハ』って?


こんにちは大垣市長松町の歯科医院ビバ・スマイル歯科です。
今回は唾液検査のついてお話をしようと思います。
皆さん唾液検査ってご存知ですか?
当医院では唾液を調べることで虫歯や歯周病のリスクがわかる『シルハ』という検査を行なってます。予防歯科についてはこちら

唾液検査『シルハ』とは?
口腔内環境に関わる6つの項目を唾液だけで簡単に検査するシステムです。
検査はとても簡単です。専用の洗口液で10秒すすぐだけです。
検査結果は約5分で結果が出るので治療やメンテナンスが終わる頃には結果を説明する事ができます。

では、シルハで分かる項目は何でしょうか?
《歯の健康》むし歯のリスクについて
①むし歯菌
虫歯がどれだけ活性化しているかを測ります。
活性度が高いと、菌が活発に活動していることを表し、口腔内がむし歯になりやすい環境になっていることが分かります。
②酸性度
酸性度では歯が溶けやすい状態かを見ています。
お口の中は食事をするとむし歯になりやすい酸性に傾きます。
酸性度が高い状態が長く続くと歯が溶け始め、その状態が続くと虫歯のなりやすい口腔内環境になってしまいます。
③緩衝能
食事などの影響で酸性に傾いたお口の中は、唾液の作用によってむし歯のなりにくい中性に戻ります。その作用を『緩衝能』といいます。
緩衝能が低いと中性に戻る力が弱く、むし歯のリスクが高くなります。

《歯ぐきの健康》歯周病のリスクについて
①白血球数
白血球とは生体防御に関わる細胞です。炎症があると炎症抑制細胞が増加します。そのため白血球の数値が高いと細菌やウイルスが多くなっている可能性があり、歯肉がダメージを受けやすい環境になっている可能性があります。
②タンパク質
歯周病などにより歯肉から出血すると唾液の中に血液中のタンパク質が含まれてきます。そのため唾液中のタンパク質が多いと歯周病のサインの一つになります。出血は、歯周病の最初の症状としてあらわれます。

《口臭》
アンモニア
口臭の程度を調べる指標としてアンモニアの量が挙げられます。
お口の中の細菌の数が多いとアンモニアも数値が高くなります。アンモニアの量によりお口の清潔度や口臭の状態を把握できます。

検査結果は6つの項目で分かりやすくグラフ化された結果がでます。
歯周病やむし歯のリスクは口腔内環境と生活環境、歯と唾液の質によってそれぞれ違ってきますので、患者様には事前に生活習慣問診表と1日のスケジュール、食事内容を記入してもらいます。
その3つの資料を元に歯科医師と歯科衛生士が考察をし結果を説明していきます。そしてお口の状態と合わせてセルフケアの仕方、患者様のリスクに合ったケア用品を処方しております。シルハについて気軽にお問い合わせください。お問い合わせ先はこちら

いかがでしたか?
「なぜ毎日一生懸命歯磨きをしているのにむし歯や歯周病になるんだろう?」と疑問に思った事はありませんか?それは他に何か原因が隠れているかもしれません。
一度ご自身のリスクを知ってみませんか?
気になった方は是非スタッフにお声をお掛け下さい!

 


お口の健康は全身の健康の鍵!口腔機能低下症とオーラルフレイルについて知ろう


こんにちは。大垣市長松町の歯科医院ビバ・スマイル歯科です。

お口の健康は全身の健康に重要な役割を果たしていますが、年齢を重ねるにつれてお口の中の問題が増えることがあります。

今回は、口腔機能低下症とオーラルフレイルについてお話しします。

まず、口腔機能低下症についてです。これは、お口の周りや舌の機能が低下する状態を指します。

 例えば、

・固いものが食べにくくなった

・お薬などが飲み込みにくくなった

・お口が乾燥しやすくなった

・お茶や汁物を飲むとむせる など

高齢の方によく見られる問題です。

口腔機能低下症が進むと、食事や会話などの日常生活に支障を及ぼしオーラルフレイルのリスクが高まる可能性があります。  

                                     

次に、オーラルフレイルについてです。オーラルフレイルは、『虚弱』という意味で「噛む」「飲み込む」「話す」などお口の周りの筋力が加齢など、

衰えることが原因で引き起こされる状態のことです。

お口の健康は全身の健康と密接に関連しており、噛む力や舌の動きの悪化が食生活に支障を及ぼすことがあります。

具体的には、歯周病や虫歯などのお口のトラブルが増え、それが全身の疾患や認知機能の低下などにつながる可能性があります。

また、食事が十分にとれなくなることで栄養不足になることもあります。

口腔機能低下症とオーラルフレイルは、ともにお口の健康に関する問題ですが、やや異なる点があります。

口腔機能低下症は、お口の機能そのものが低下する状態を指し、オーラルフレイルはお口の健康状態が全身の健康に影響を及ぼす状態です。

噛む力が弱くなって固いものが食べにくくなると、やわらかいものばかり食べるようになり、噛むために必要な筋力がさらに低下し、

さらに噛む力が弱くなるといった悪循環に陥りやすくなります。

結果的に口腔機能の低下は、食欲の低下、さらには全身の機能の低下へと進み、要介護状態へとつながる可能性があります。

予防するためには、定期的な歯科健診や適切な口腔ケアが重要です。歯周病の早期発見や治療、適切な歯科治療を受けましょう。

また、定期的な運動やバランスのとれた食事、ストレスを避けることもお口の健康を維持する上で役立ちます。

口腔機能低下症やオーラルフレイルの予防や対策をしっかりと行うことで、健康な老後を送るための手助けとなるでしょう。

オーラルフレイルは一人ひとりの状況や生活習慣によって異なるため、適切なアプローチが必要です。

当院では口腔機能低下症の早期発見のため50歳以上の方に検査を実施しています。

初期症状を見逃さないためにも気になることがありましたらお気軽にご相談くださいね。医院のホームページはこちら

最後に、口腔機能低下症に効果のあるお口の体操についてご紹介です。

前回のブログ記事「子供矯正プレオルソについて」でもお話した『あいうべ体操』です。

お口の周りの筋肉が鍛えられるだけでなく、顔のたるみ・しわの改善による美容効果、脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。

皆さんぜひチャレンジしてみてください。

※顎関節症の方や口を開けると痛みがあるという方は、無理せずできる範囲で行ってください。


子供矯正プレオルソについて


こんにちは。大垣市長松町の歯科医院ビバ・スマイル歯科です。

前回は口腔機能発達不全症についてお話ししました。

お子さんにあてはまるチェック項目はありましたか?

さて今回はプレオルソというマウスピース型の矯正装置についてお話ししていきたいと思います。小児矯正についてはこちら

『プレオルソはどんな装置なの?』

プレオルソはお子様向けの予防矯正で上下一体のマウスピース装置です。6歳から10歳くらいまでの永久歯に生え変わる前の歯並びを改善していく装置です。

装置の特徴としては歯を直接動かすのではなく、歯並びを良くしていく為の環境に整えていくものです(本格的矯正のようなゴールを目指す方法ではありません)。

『プレオルソの効果・効能は?』

・歯並びを改善します

・噛み合わせを改善します

・お口ポカンの改善

・口呼吸から鼻呼吸へ

・舌のトレーニングによる正しい嚥下、発音

『こんなお子さんに』

・出っ歯、受け口

・噛み合わせが深い

・凸凹の歯並び

・前歯の上と下が噛みあってない

『3つのメリット』

☆やわらかい

取り外しができる柔らかい素材の装置なのでお子さんへの負担も少ない治療です。

お口にフィットするので違和感や痛みが少なく装着することができます。

☆着けるのは家の中だけ

簡単に取り外しのできる装置で、装着するのは日中の1時間と就寝中だけです。お食事中は装置が外せるので歯磨きができ虫歯のリスクが少なくなります。

☆歯並びだけでなく噛み合わせや筋肉のバランスを整える

歯並びの原因となる筋肉のバランスを根本から整えてあげることを目的とした装置なので、口元が引き締まる、治療終了後の後戻りの可能性が低くなる、将来さらなる治療が必要となった時、スムーズに本格的な矯正治療へ移行しやすくなります。

『プレオルソの使い方』

☆日中は

毎日日中は1時間以上使用します。この時は基本お口を閉じますがおしゃべりをしてもかまいません。

☆就寝時

毎日就寝時も使用してください。

『装置の効果を高めるためにはお口のトレーニングが必要です』

お口の周りの筋肉を鍛えるレッスンは「あいうべ体操」です。

お口を大きくゆっくりあけて動かすことを心がけて下さい。

①「あー」と口を大きく開く

②「いー」と口を大きく横に広げる

③「うー」と口を強く前に突き出す

④「ベー」と舌を突き出して伸ばす

1セット(各4秒)のゆっくりとした動作で、できるだけ大げさに!一日30回を目標に!

プレオルソは唇や舌などの癖によって歯並びを悪くなるのを防ぎ、発音障害や口呼吸予防、全身の健康につながります。プレオルソのような補助装置を使って発音を促すことが必要になってくることもあるので、お子さまで何か気になることがありましたらスタッフまで声をお掛けください。


子どもの口腔機能発達不全症について


こんにちは。大垣市長松町にあるビバ・スマイル歯科です。

さて、今回は小児の『口腔機能発達不全症』についてお話ししていきたいと思います。

お子さんがテレビを観ている時お口がポカンとしていませんか?学校給食を食べるのが遅くて悩んでいるお子さんはいませんか?

実はお口の機能に原因があるかもしれません。

みなさんは「口腔機能発達不全症」という病気は知っていますか?なんだか難しく感じますよね。

まだ聞いたことがない方が多いと思いますが、2018年に新しく分類されたお子さんのお口の機能の病気なんです。

乳児の頃からの授乳の仕方や、離乳食の与え方、食べさせるときの姿勢など色々な要因が絡み合って起きうる発達不全だと言われていす。

 

口腔機能発達不全症とは?

先天性の疾患などがない『食べる」『飲み込む』『話す』『鼻で呼吸ができる』などのお口の機能の発達に何らかの異常が生じ正常に獲得できていない状態のことをいいます。

原因はさまざまで、生まれつきの筋肉の発達不全や、歯並びの問題、環境や生活習慣などが影響を与える可能性があります。

『食べる』『飲み込む』と言っても、食べ物をお口に入れて、咀嚼し飲み込むにはとても複雑な運動が必要なんです。

現代では軟らかい食べ物が多くなってきたり、携帯やタブレットなどの使用による姿勢の悪化、コロナによるマスクの使用の口呼吸などの様々な原因により『正しく食べること』ができなくなっています。

そして新生児期や幼児期に口腔機能が十分発達しないと、言語の遅れに支障がでる可能性が高くなります。

お子さんにこんな症状はありませんか?

▢歯の交換期になってもなかなか出てこない

▢歯並びが悪い

▢食事に影響する虫歯がある

▢強く噛みしめれない

▢咀嚼時間が長すぎる、短すぎる

▢偏咀嚼がある(片側だけで噛んでいる)

▢舌の突出がみられる(飲み込むときに舌が前に出ている) 

▢食べる量、回数が多すぎたり少なすぎたりムラがある

▢構音に障害がある(音の置換、省略、歪みがある)

▢お口がポカンとしている

▢口腔習癖がある(爪や指を噛む、吸う癖がある)

▢舌小帯に異常がある(唇の筋によって前歯が開いている)

▢やせ、または肥満がある

▢口呼吸がある

▢扁桃腺に肥大がある

▢睡眠時にいびきをかく

このうち2項目以上該当すると、口腔機能発達不全症の可能性が高くなります。

 

これらからうまく噛めないので丸呑みする習慣などに繋がってしまい、栄養がうまく吸収されず瘦せ型になったり、舌の動き不自然になるため、喋り方が舌ったらずになります。

その他、お口がポカンと開いたままだと口呼吸が習慣になったり、お口の中が乾燥しやすいことで感染症にもかかりやすくなります。

そして、顎の筋肉のバランスが変化することによって歯並びに異常ができ、噛み合わせが悪くなってしまいます。

これらのことは気にしていなかった事が大きく影響してくることがあるので、十分な注意や対策が必要です。

結果、成長すればするほど治療が難しくなり、お口の機能が低下したまま成人して、将来的に栄養障害、介護が必要にな状態へとつながります。そのため口腔機能発達不全症は早期することが大切です。

当院では、口腔機能発達不全症をiPadで検査結果を入力し自動診断してくれるシステムを導入しています。

定期検診の中で行っておりますので、チェック項目の中で気になることがあれば早めに受診をおすすめします。些細なことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。


ブログ開設についてのお知らせ


大垣市長松町の歯科医院ビバ・スマイル歯科です。

この度はより皆様にビバ・スマイル歯科のことを知っていただくためにブログを再開設いたしました。

当院では患者さんの歯の健康を守るために予防に力を入れています。

その方法を皆さんに身につけていただくためにブログでもお届けしていきます。

当院での予防のために行っていること、ご家庭でのケア用品もこちらで紹介していきます。

スタッフ一同皆様に歯の健康を守るためにお手伝いができたらなと思います。

今後ともよろしくお願いします。

次回紹介するのは小児の口腔機能発達不全症についてです。

小さなお子さんがいる方は是非参考にしていただけたらと思います。

お口のお悩み、お気楽にご相談ください

笑顔があふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科


歯周病と糖尿病


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の久々津です。

歯周病は糖尿病の合併症の一つであることを皆さんはご存知ですか?

糖尿病では免疫力が落ち、感染しやすい状態となっていて、粘膜や骨の再生能力が低下すると、傷の治療が遅れ、歯周病が進行しやすくなります。

また、血糖値コントロールができていないとトイレの回数が増えて口腔乾燥を引き起こし、口腔衛生状態を悪化させます。

そのため、糖尿病の方には健康管理の必要性を理解していただくことが重要だと考えています。

歯科衛生士によるブラッシング指導で正しいセルフケアの方法を身につけ、定期的にプロフェショナルケアを受け、糖尿病を重症化させないようにしていきましょう。

当院ではセルフケアのお手伝いとして、口腔乾燥には「オーラルピース」甘いものを食べたいという方には、血糖値に影響を与えないキシリトール100%のチョコレートなど、それぞれの要望に合わせて商品を提案させていただいております。

気になる方はぜひスタッフまでお尋ねください。

ブラッシングについて

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の後藤です。

皆さん、正しいブラッシング方法は知っていますか?

毛先を歯面にきちんと当てて磨くことが大切で、鉛筆を持つように脇を締めて、外側・内側・奥歯の噛み合わせ流所と分けて丁寧に磨いていきましょう。

歯1本半程の間隔でスライドさせて磨くとより綺麗に磨くことができます。

日頃から正しいブラッシングをすることで虫歯の予防にも繋がりますので、ぜひ今日から実践してみて下さい。

 

食事の時飲み物を置いてもいい?

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の久々津です。

食事の時、飲み物を置いてもいい?正解はダメです。

先日カムカムクラブのクリスマス会でもこの問題が出題され、半数以上の子が答えを間違えてしまいました。

食事の時飲み物を置いているとついつい飲んでしまい、食べ物を流し込んでしまうという癖につながってしまします。

よく噛むことにより食べ物を細かくし、また、噛むことで出てくる唾液で食べ物をひとまとめにして飲み込みやすくします。

流し込むように食べていると、よく噛んでいないため唾液も十分に出ません。

また、よく噛むことはお子さんの歯並びや顎の発育にとても大切なことです。

よく噛むことで消化も良くなるなど様々なメリットがあります。

食事の時は飲み物を置かず、よく噛んで食べ、食事が終わってから飲むようにしましょう。


歯と身体の関係


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の宮脇です。

歯は健康のバロメーターと言われますが噛み合わせが全身疾患と深く関わりがあると言われていることをご存じでしょうか?

噛み合わせが悪いとこのような症状が出てきます。

歯と顎の骨は繋がっていて噛み合わせが悪いと顎の付け根の部分がズレてしまいます。

このズレが近くの耳や目の神経に直接影響してしまったり首の筋肉にも影響してズレによりねじれたり固まったりした筋肉が神経や動脈を圧迫してしまうのです。

そして身体のあちこちに支障をきたしてしまうのです。

(下顎)下顎骨は関節としてくっついているわけではなくぶら下がっているだけで、舌骨との間にまた筋肉が繋がっていて舌骨が肩甲骨、胸骨と繋がっています。

噛み合わせが悪くなると頭蓋骨と下顎骨を結んでいる筋肉に異常な緊張がおこり、それによって頭蓋骨が歪み頭は重いので頭を支えている背骨などにズレがでて肩こり・腰痛・膝のほうまで炎症が現れることがあるそうです。

歯がキレイになれば身体も健康になるし美容にも効果があると言われています。

噛み合わせはとても大切なのです。

気になる方は一度当院に相談してください。

 

根面う蝕ってなに?

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の安村です。

みなさん、根面う蝕って聞いたことはありますか?

根面う蝕とは歯の根元にできる虫歯のことです。

一般的に虫歯になりやすいのは噛む面や歯と歯の間ですが、年齢が高くなるにつれて起こりやすいのが根面う蝕です。

原因として、歯周病の進行・過度なブッラシングによって歯茎が下がることによって、歯茎に隠れていた歯の表面はエナメル歯に覆われている歯の上部よりも軟らかいため虫歯になりやすいのです。

また、被せ物をしている歯は被せ物と歯の境目が二次的に虫歯になりやすいので要注意です。

予防策として、正しいブラッシングを行う、飲食回数を少なくする、フッ素を使用するなどがあります。

また、定期的に検診を受けることをおすすめします。

お手軽なホームケア

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の佐久間です。

先日POICをホームケアで使われている方から「POICを朝夜に使うと腫れが治まる」という嬉しいお言葉をいただきました。

POICにはお口の虫歯や歯周病の原因となる菌を分解して殺菌する効果があります。

他にも「口内炎ができにくくなった」「口臭が気にならなくなった」等、ホームケアを続けている方から様々なお声をいただいています。

お口に含んで30秒ブクブクとするだけなのでとても手軽ですし、これからインフルエンザが流行する時期にも予防としておすすめです。

ぜひ、お家でのケアに取り入れてみてください。

お口のお悩み、お気楽にご相談ください

笑顔があふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科


唾液の働き


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の中村です。

みなさん、唾液の1日の分泌量を知っていますか?

唾液は1日に1000〜1500mlほど分泌されます。

唾液には、健康に関わる様々な働きがあります。

例えば、食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくしたりする働きがあります。

それから口の中の汚れを洗い流す、酸を中和して口の中を中性に保つ、細菌の繁殖を抑える、石灰化によって虫歯を防ぐといった、口の中を清潔で健康に保つ働きがあります。

唾液の分泌は、夜寝ている時に少なくなります。そのため、夜に口の中で細菌が繁殖しやすく、朝起きると口の中がネバついたり口臭がきになったりしがちです。

そのため、就寝前にはより丁寧なケアを心がけることが大切です。

また、唾液の分泌量は、ストレスや疲れ、加齢、薬の副作用などで減少することもあります。

口の渇きやネバつきを感じることが多い場合には、食事の際にはよく噛むようにしましょう。

歯周病とタバコの関係

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の山田です。

近年、タバコの値段はどんどん上がっていますね。

歯周病とタバコの関係についてみなさんはどのくらい知っていますか?

そもそも歯周病とは歯周ポケットにたまったプラークの中の最近によって炎症が起き歯を支えている骨を吸収してしまい、最終的に歯が抜けてしまうものです。

ですが、そのプラーク以外に危険因子となるのがタバコです。

タバコを吸う人は吸わない人に比べて3倍も歯周病にかかりやすく、2倍も歯を失っているという報告があります。

  • 白血球の機能が低下する
  • ニコチンにより血管が収縮し歯肉に酸素や栄養を送れない
  • 歯肉を修復するために必要な繊維芽細胞の働きが抑制される

などの理由が上げられます。

他にも生活習慣病のリスクも高まるため、早めの禁煙を勧めます。

 

災害時の歯磨き

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の玉谷です。

近年、日本全国各地で災害が相次いでいて、防災グッズの中身も時々点検されていると思いますが、防災グッズの中にオーラルケア用品は何人の方が入っているのでしょうか?

実は災害時においてもオーラルケアが欠かせない理由があります。

なぜならオーラルケアは、お口の健康だけでなく、身体の健康にも影響します。特に誤嚥性肺炎になりやすい高齢者の方は注意が必要です。

また、インフルエンザ予防や血糖値のコントロールの為に歯周病の予防や、歯磨きが十分にできない状況が長く続くと、子供の虫歯も増加します。

避難所生活や断水中でもオーラルケアは必須です。そんな時に水がなくても、赤ちゃんから寝たきりの高齢者の方まで使用できる歯磨き剤があります。

それは「オーラルピース」です。

この製品は、父が闘病中口腔内のトラブルに悩まされたことがきっかけになり、効果と安全性を両立する家族に本当に使いたい口腔ケア製品が開発されました。

この製品は天然由来の成分のみで作られているので、食べられます。

成分は体内で分解・消化されます。

これひとつで、口の中を清潔にして悪い菌の働きを抑え。

うるおい感も与えます。歯磨き、清掃、口臭予防、うるおいがこれ一つで!乳幼児から高齢者まで、妊婦さんや授乳中のママ、要介護の高齢者や重度の心身障害者、誤飲、誤嚥の心配んある方、うがいや吐き出しが苦手な方、お口のトラブルや乾燥しやすい方、キャンプや登山、水のない災害時にも、水と植物原料のみで作られ、化学合成成分、アルコールも無添加だから全ての方に毎日安心安全にお使いいただける、人にも環境にも優しい製品です。

お口のお悩み、お気楽にご相談下さい

笑顔があふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 


キシリトール100%チョコレート


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の樋口です。

虫歯を防ぐ効果があることで有名な“キシリトール”ですが、そんなキシリトールが甘味料に100%使用されている「リカルチョコレート」の販売を始めました。

リカルチョコレートはキシリトールの力で虫歯の原因となる酸を作らせず、原因菌を減らし、歯のエナメル質をよみがえらせてくれます。

なので、歯磨きもしやすくなります。

砂糖不使用なのに普通のチョコレートと変わらない程の甘さと味が特徴で、寝る前に食べても安心なのも魅力です。

当院では「ミルク味」と「ビター味」でご用意しております。

いいことずくめの「リカルチョコレート」で美味しく手軽に虫歯予防を始めましょう。

はじめまして

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の後藤です。

10月から歯科助手として働かせていただいております。

未経験の為、1日でも早く仕事に慣れるよう日々勉強をしています。

皆様に安心していただけるよう常に笑顔を絶やさず誠心誠意努めてまいりますので今後とも宜しくお願いします。

歯ブラシ取り替えていますか?

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科助手の勝股です。

今回は歯ブラシについてお話をします。

皆さんはどのくらいのペースで歯ブラシを取り替えていますか?

随分変えていないという方もいらっしゃると思います。

歯ブラシの毛が広がっていると歯垢除去効果が半減するなどせっかく磨いても歯磨きの効果がおちてしまいます。

1ヶ月に1本新しい歯ブラシに取り替え、きれいな口内環境を作りましょう!

ビバ・スマイル歯科では、歯科衛生士より1人ひとりに合った歯ブラシを提案していますので、お越しになった際はぜひ、スタッフにご相談下さい。

お口のお悩み、お気楽にご相談ください

笑顔があふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 


オーラループ4プラスでツルツルに


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の佐久間です。

みなさんはオーラループ4プラスというものを知っていますか?

当院でも販売しているオーラループには「ポリリン酸」という成分が多く含まれています。

聞きなれない言葉だと思いますが、ポリリン酸には歯石の沈着防止やタバコのヤニの除去、歯の表面をコーティングして汚れをつきにくくしてくれる作用があります。

ブラッシングした後、歯ブラシに米粒大くらいの量を出して歯や歯茎をマッサージするように塗り込んでください。

オーラループには研磨剤が入っていないので安心安全にお使いいただけます。

また、歯や歯茎の栄養となる成分も含まれているので水で洗い流さなくても大丈夫です。

一番効果が高いのがPOICウォーターとの併用です。

POICを使ってきれいになった歯に使うことで、更にツルツルの歯に近づくことができます。

是非使ってみてください。

 

しっかり噛んでいますか?

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の林です。

皆さん食事の時しっかり噛んでいますか?

私自身、昔から友人と食事をする際、まだみんな食べているのに自分はもう食べ終わっているということが多く、あまり噛まずに早食いになってしまっていました。

たくさん噛むと唾液がでます。

唾液が出ることによって虫歯や歯周病を予防したり、消化を助ける働きをします。また、噛むことによって顎の骨の発育を助けたり、様々な食べ物を噛むことで味覚の発達にも繋がります。

さらに噛むことにより、脳が刺激されることで食べ過ぎを防ぐこともできます。よく噛んで食べることは、小さなお子さんからお年寄りまで良いことがたくさんあります。

皆さんも全身の健康の為に、よく噛んで食べることを意識してみてください。

8020表彰

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の枝次です。

先日はUさんの8020の表彰をさせて頂きました。

Uさんは10年以上毎日欠かさずメンテナンスに来院してご自身でも丁寧にブラッシングして25本の歯を維持してらっしゃいます。

10/13に大垣の情報工房で行われた、西濃地区で8020を達成された方の表彰式にも出席されました。

今年は382名もの方が8020を達成されたという事で、今までで1番多くの方が表彰されました。

8020の運動が始まった30年位前は、100人中7〜8人しかみえなかったそうです。

80歳で20本の歯を維持する事は健康な体を維持する事につながります。

皆さんも健康な歯がある今からきちんとメンテナンスを受けて一生自分の歯で楽しく食事できるようにしていきましょう。

お口のお悩み、お気楽にご相談ください

笑顔があふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科