お口の健康は全身の健康の鍵!口腔機能低下症とオーラルフレイルについて知ろう


こんにちは。大垣市長松町の歯科医院ビバ・スマイル歯科です。

お口の健康は全身の健康に重要な役割を果たしていますが、年齢を重ねるにつれてお口の中の問題が増えることがあります。

今回は、口腔機能低下症とオーラルフレイルについてお話しします。

まず、口腔機能低下症についてです。これは、お口の周りや舌の機能が低下する状態を指します。

 例えば、

・固いものが食べにくくなった

・お薬などが飲み込みにくくなった

・お口が乾燥しやすくなった

・お茶や汁物を飲むとむせる など

高齢の方によく見られる問題です。

口腔機能低下症が進むと、食事や会話などの日常生活に支障を及ぼしオーラルフレイルのリスクが高まる可能性があります。  

                                     

次に、オーラルフレイルについてです。オーラルフレイルは、『虚弱』という意味で「噛む」「飲み込む」「話す」などお口の周りの筋力が加齢など、

衰えることが原因で引き起こされる状態のことです。

お口の健康は全身の健康と密接に関連しており、噛む力や舌の動きの悪化が食生活に支障を及ぼすことがあります。

具体的には、歯周病や虫歯などのお口のトラブルが増え、それが全身の疾患や認知機能の低下などにつながる可能性があります。

また、食事が十分にとれなくなることで栄養不足になることもあります。

口腔機能低下症とオーラルフレイルは、ともにお口の健康に関する問題ですが、やや異なる点があります。

口腔機能低下症は、お口の機能そのものが低下する状態を指し、オーラルフレイルはお口の健康状態が全身の健康に影響を及ぼす状態です。

噛む力が弱くなって固いものが食べにくくなると、やわらかいものばかり食べるようになり、噛むために必要な筋力がさらに低下し、

さらに噛む力が弱くなるといった悪循環に陥りやすくなります。

結果的に口腔機能の低下は、食欲の低下、さらには全身の機能の低下へと進み、要介護状態へとつながる可能性があります。

予防するためには、定期的な歯科健診や適切な口腔ケアが重要です。歯周病の早期発見や治療、適切な歯科治療を受けましょう。

また、定期的な運動やバランスのとれた食事、ストレスを避けることもお口の健康を維持する上で役立ちます。

口腔機能低下症やオーラルフレイルの予防や対策をしっかりと行うことで、健康な老後を送るための手助けとなるでしょう。

オーラルフレイルは一人ひとりの状況や生活習慣によって異なるため、適切なアプローチが必要です。

当院では口腔機能低下症の早期発見のため50歳以上の方に検査を実施しています。

初期症状を見逃さないためにも気になることがありましたらお気軽にご相談くださいね。医院のホームページはこちら

最後に、口腔機能低下症に効果のあるお口の体操についてご紹介です。

前回のブログ記事「子供矯正プレオルソについて」でもお話した『あいうべ体操』です。

お口の周りの筋肉が鍛えられるだけでなく、顔のたるみ・しわの改善による美容効果、脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。

皆さんぜひチャレンジしてみてください。

※顎関節症の方や口を開けると痛みがあるという方は、無理せずできる範囲で行ってください。


子供矯正プレオルソについて


こんにちは。大垣市長松町の歯科医院ビバ・スマイル歯科です。

前回は口腔機能発達不全症についてお話ししました。

お子さんにあてはまるチェック項目はありましたか?

さて今回はプレオルソというマウスピース型の矯正装置についてお話ししていきたいと思います。小児矯正についてはこちら

『プレオルソはどんな装置なの?』

プレオルソはお子様向けの予防矯正で上下一体のマウスピース装置です。6歳から10歳くらいまでの永久歯に生え変わる前の歯並びを改善していく装置です。

装置の特徴としては歯を直接動かすのではなく、歯並びを良くしていく為の環境に整えていくものです(本格的矯正のようなゴールを目指す方法ではありません)。

『プレオルソの効果・効能は?』

・歯並びを改善します

・噛み合わせを改善します

・お口ポカンの改善

・口呼吸から鼻呼吸へ

・舌のトレーニングによる正しい嚥下、発音

『こんなお子さんに』

・出っ歯、受け口

・噛み合わせが深い

・凸凹の歯並び

・前歯の上と下が噛みあってない

『3つのメリット』

☆やわらかい

取り外しができる柔らかい素材の装置なのでお子さんへの負担も少ない治療です。

お口にフィットするので違和感や痛みが少なく装着することができます。

☆着けるのは家の中だけ

簡単に取り外しのできる装置で、装着するのは日中の1時間と就寝中だけです。お食事中は装置が外せるので歯磨きができ虫歯のリスクが少なくなります。

☆歯並びだけでなく噛み合わせや筋肉のバランスを整える

歯並びの原因となる筋肉のバランスを根本から整えてあげることを目的とした装置なので、口元が引き締まる、治療終了後の後戻りの可能性が低くなる、将来さらなる治療が必要となった時、スムーズに本格的な矯正治療へ移行しやすくなります。

『プレオルソの使い方』

☆日中は

毎日日中は1時間以上使用します。この時は基本お口を閉じますがおしゃべりをしてもかまいません。

☆就寝時

毎日就寝時も使用してください。

『装置の効果を高めるためにはお口のトレーニングが必要です』

お口の周りの筋肉を鍛えるレッスンは「あいうべ体操」です。

お口を大きくゆっくりあけて動かすことを心がけて下さい。

①「あー」と口を大きく開く

②「いー」と口を大きく横に広げる

③「うー」と口を強く前に突き出す

④「ベー」と舌を突き出して伸ばす

1セット(各4秒)のゆっくりとした動作で、できるだけ大げさに!一日30回を目標に!

プレオルソは唇や舌などの癖によって歯並びを悪くなるのを防ぎ、発音障害や口呼吸予防、全身の健康につながります。プレオルソのような補助装置を使って発音を促すことが必要になってくることもあるので、お子さまで何か気になることがありましたらスタッフまで声をお掛けください。