マウスピース矯正(インビザライン®)

ご予約はこちらから

ご予約はこちらから

アクセスマップ

〒503-0997
岐阜県大垣市長松町1119
駐車場完備 駐車場完備

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン®)とは?

インビザライン矯正マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(以下インビザライン®)は、アメリカのシリコンバレーで開発された最先端の矯正歯科技術です。

この新しい矯正方法は、コンピューターの3Dでデザインされた透明なマウスピース状のものを段階的にはめて矯正します。

従来の矯正器具に比べるとあまり目立たないのが大きな特長です。

食事や歯を磨くときは、取り外せます。

金属の矯正装置をつける事に抵抗があり、治療に踏み切れなかった方もインビザラインであれば、透明なので、矯正治療中であっても笑顔を見せることができます。

相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気付かないでしょう。

インビザライン矯正

マウスピース矯正のメリット

インビザライン矯正1. 目立ちにくい
透明のマウスピースなので、目立ちにくく、気になる状況などには自分で取り外すことができます。


2. 痛みが少ない
痛みを感じたときには自分で取り外せるので、痛みをコントロールできます。


3. 取り扱いが簡便
インビザライン矯正多くの人は矯正を開始してまもなくは、口の中に入れた装置の影響で、うまく話をしたり食事をしたりすることができません。
しかし、マウスピース矯正は外して食事ができますので、そのような不便はありません。

口の中の清掃や食事も今まで通りできます。


4. 金属アレルギーの恐れがない
金属を使わないため、当然金属アレルギーの問題もありません。


インビザライン矯正5. むし歯や歯周病を発症しにくくなる
歯並びを矯正すると、歯磨きをしやすくなります。
歯ブラシの毛先がきちんと届き、溜まりやすい汚れをきれいにしやすくなるため、むし歯や歯周病になる確率を下げます。


5. 全身の健康維持につながる
歯並びが整うことでしっかりと噛みやすくなります。
おいしい食事ができ、食べ物の消化・吸収を助けます。体のバランスが良くなることで頭痛、肩こり、腰痛を改善し全身の健康維持につながりやすくなります。

マウスピース矯正の手順

インビザライン矯正まず診療室で歯形を取り、模型を作製します。
次に、その模型を細工してゴールとなるきれいな歯並びを作ります。

このゴールの模型に合わせた透明なマウスピースを作製し、それを口の中へ装着します。

もちろん段階的にたくさんのマウスピースを作って装着していくので、新しいマウスピースを入れるたびに歯が少しずつ少しずつ動き、最終的に美しい歯並びになるのです。

iTero elementとは

iTero element iTero element(アイテロエレメント)とはマウスピース矯正のインビザラインを患者様がより快適に受けられるように開発された最新の3D口腔スキャナーです。
これまでのインビザライン矯正ではマウスピースを作るためにシリコンを用い、歯形を数分間かけて採取していましたが、これには主に3つの問題点がありました。


1.患者様に苦しい思いをさせてしまう
口の中にシリコンを入れて歯型を取るため、異物感に弱い患者様がえづいてしまったり、採取するための数分間を我慢させてしまう。


2.精密な歯型を取ることが難しい
シリコンを当てて手動で歯型を取っていたため、どうしても正確な歯型を取るための歯科医師の技量が必要不可欠。


3.治療を始めるまでに時間がかかる
採取した歯型をアメリカまで空輸してマウスピースを取り寄せる必要があるため、治療を始めるまでに1か月程度の時間がかかってしまう。


ところが今回導入したiTero elementを使うことでこれらの問題点は改善され、より快適・精密に、よりスピーディに治療を行うことができるようになりました。

より快適で精密な治療
iTero element 従来のシリコンで歯型を取る方式とは異なり、3D光学スキャナーで口腔内を撮影するだけで歯型を採取することができます。

そのため技量による歯型採取のゆらぎがなくなり精密な採取ができるだけでなく、採取にかかる時間はたったの1分!!

口腔内に入れるカメラも小型化しており、シリコンを当てる不快感もなくなるためこれまで以上に快適な治療が受けられます。



よりスピーディな治療
iTero element 直接撮影したデータをパソコンに取り込むことができるため、そのデータをアメリカにインターネット経由で送るだけでマウスピースの製作が始められます。

それにより従来と比べると治療開始までの期間を平均し10日も短縮することが実現しました。

また、歯型を採取してから最短で16日ほどでマウスピースが届くため、早く治療を開始したい患者様から大変な好評をいただいています。


このようにiTero elementを導入したことで、今まで以上に患者様に満足していただけるような治療を提供できるようになりました。

最新の治療設備を備え、確かな技量を持ち大垣市長松町地域に根差したビバ・スマイル歯科をこれからもご愛顧くださいますと幸いです。

iTero element

ビバ・スマイル歯科でマウスピース矯正治療をご希望の方へ

当院では、マウスピース矯正をご希望の方には、治療の開始前に、下記の事項をお守りいただいております。これらの事項は、将来あなたが受けられる治療の成功率を少しでも高めるために必要なactivityです。習い事にしても、勉強にしても、成果を得るためには、努力が必要です。将来の健康なお口を手に入れるために、ぜひ一緒に取り組みましょう。私たちも精一杯サポートします。


1.口の中の清潔な状態を保ってください。
矯正治療中は、むし歯や歯周病にならないように、歯磨き(歯ブラシとフロス)をきちんとしてください。特にマウスピース型矯正装置の治療においては食べ物の残りが歯に残っていると、装置自体が『むし歯作成装置』となってしまい、矯正治療中にむし歯が発生すると、治療計画の修正が必要となり、治療期間が延長してしまいます。
当院では、初診後すぐには矯正治療を開始しません。矯正治療の開始前には、必ず虫歯・歯周病のリスクのチェックを行います。その際、歯磨きチェックと歯磨き指導を行い、お口の環境が整った時点で、矯正の治療が開始となります。また、缶コーヒーやスポーツドリンクなどの、砂糖入りソフトドリンクの取りすぎは、むし歯の原因となるので、治療中はお控えいただきます。

2.装置を指示通りに使ってください。
マウスピース型矯正装置の治療は、100%患者さんの協力に依存します。1日20時間以上、理想的には22時間以上、マウスピース型矯正装置の装着が必要です。場合によっては、ゴムなどの補助装置の使用が必要です。矯正治療にはもちろん主治医の治療計画にも依りますが、患者さんが装置を使用しないと歯が動かないという治療です。

3.歯の表面に何も装置が何もつかない、というわけではありません。
マウスピース型矯正装置の治療は、ワイヤー治療に比べて目立ちにくいことが特徴です。しかし、歯に装置を全くつけないということではありません。マウスピース型矯正装置で精密に歯をコントロールするために、「アタッチメント」と呼ばれるプラスチックの引っ掛かりを歯の表面につける必要があります。これは患者さんごとに違う形や大きさのものがデザインされます。アタッチメント全体をマウスピース型矯正装置でしっかり覆うようにして、歯を3次元的にコントロールしていきます。

4.タバコは吸わないでください。
タバコを吸うことは、矯正治療において非常に悪い影響を与えます。
また一般的には、歯周病の原因ともなり、肺炎・心筋梗塞・がんなどの全身的な病気の原因にもなることもわかっています。矯正治療においては、歯の動きに大きな影響を与えます。
歯の移動は、歯根の周りの骨が吸収したり、新たに骨が作られることで成り立ちます。そのため、「骨への血のめぐり」が重要です。タバコを吸うと、毛細血管と呼ばれる血管が収縮し、血液の循環が悪くなります。そのため、骨の代謝がスムーズに行われなくなり、歯の移動に悪影響が発生します。矯正治療というのは健康になるために『変化する』ための治療です。ビバ・スマイル歯科では、喫煙をされる方に矯正治療はお勧めしません。当院で矯正治療を始められる方には、あらゆる面で健康に害を及ぼすタバコをおやめいただいております。