ホワイトニングのご紹介


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の伊藤です。

先日、結婚式の前に歯を白くしたい!

とのことで来院された患者さんのお話をさせていただきます。

当院では、家で行うホームホワイトニングと

歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2種類があります。

今回はオフィスホワイトニングについてご説明します。

オフィスは結婚式などのイベント前の方や、お仕事などお忙しい方、

早く歯を白くしたいという方におすすめです。

1回の所要時間が30〜45分で白さを実感でしてもらえる事の多い治療です。

たくさんの方に、実感していただきたい思いがあり、当院では昨年から価格を見直しました。

以前までは、3回のセットで59,400円でした。(1回あたり19800円)

この度、3回セットで37,800円(税込)とさせていただきました。

1回あたりの価格は、約12,000円となり、3回セットで合計20,000円もお得になりました。

(3回セットの理由は、施術回数が増えることで、患者さんの歯をより白く出来るからです。)

見た目がきになる方がみえましたら、いつでもご相談ください。

 

 

『お口は健康の源です』

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の玉谷です。

口は全身の健康を守る大切な役割をしています。

なぜかというと、食べ物は口の中で噛み砕かれ、頬、舌、顎などを動かすことで、

唾液を混ぜ合わせてくれます。これは消化の第一段階です。

さらに舌では味を感じ、食べ物を飲み込んで食道へ送るのも役割です。

もう一つ大切な役割があります。

それは言葉を発音することです。

舌や顎、歯、口唇、頬などを使って声帯で発した音のもとをはっきるとした音声にします。

ですので虫歯や歯周病で歯がなくなってしまったり、口の中に異常があったりすると、

それらの機能が弱ってしまいます。食べ物が上手に食べられず、

言葉を正しく発音できなかったらどうでしょう。

健康に過ごすためには、歯と口の健康をしっかり守ることが大切ですね。

 

『スタッフ紹介』

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の勝股です。

6月から新しく歯科助手として入局しました、勝股沙月です。

当院で働き始めて約2ヶ月がたちました。

歯科医院で働くのは始めてで、勉強の毎日ですが、先生をはじめ、

スタッフのみなさんに支えていただきながら日々成長していきたいと思います。

小さなお子さんからご年配の方もで、気持ち良く治療して帰っていただけるよう、

常に明るく元気に対応できるよう心がけていきたいです。

ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科


健康の秘訣を教えていただきました!


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の枝次です。

今日は先日担当させていただいている患者さんのお話です。

いつも元気に過ごされているSさんに、健康の秘訣についてお聞きしました。

すばり、運動だそうです。

毎日45分のトレーニングマシンを使っての運動と

プールでのウォーキングを欠かさず行っているとのことで、

背筋もピンと伸び、とても元気で、今度家族に90歳のお祝いをしてもらうということです。

お口のなかも31本歯があり、メインテナンスにも毎月通って頂き、とても良い状態です。

現在、8020を達成されている方は50%を超え、

2人に1人は20本以上歯があると言われています。

達成されている方は生活の質(QOL)を良好に保ち、

社会活動意欲も高いとの調査結果もでています。

仮に8020を達成できなくても、しっかり噛めるように義歯などをいれることで、

全身の栄養状態も良好になり、よく噛むことで脳も活性化されるという調査結果も出ています。

いつまでもおいしく食事をして、健康寿命を伸ばせるように

定期的なメインテナンスで私たちと一緒に頑張りましょう。

 

『暑いときこそ飲料水に注意です!』

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の星屋です。

本格的な夏が始まり、暑い日が続きますね。

こんな暑い日には冷たく冷えた炭酸のジュースを私はとても飲みたくなります。

お風呂上がりなんかに飲むのってなんだかすごく美味しく感じますよね。

でも炭酸のジュースって炭酸が抜けた後、とっても甘いですよね。

コーラやサイダーなどの炭酸飲料は糖分の量がとても多く、

500mlのペットボトルで角砂糖10個以上の糖分が含まれているそうです。

同様にスポーツドリンクも多くの糖分が含まれており、

500mlに角砂糖5〜8個分相当の糖分が入っています。

数字化すると恐ろしい程の糖分が入っているんですね。

糖分は私たちの生命維持に欠かせないものではありますが、

摂りすぎは糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクや

子供の糖中毒を引き起こす原因となっていまします。

水分補給は大切ですが、飲む物の種類、量に気をつけて摂るようにしましょう。

 

『インプラントのご紹介』

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の藤塚です。

みなさん、インプラントはちまたでも最近よく耳にする言葉だと思います。

インプラント治療はどういった治療かというのを簡単にご説明します。

インプラントとは、歯を失ったところに、体に安全な人工歯根を埋め込み、

その土台の上に被せ物をするといった治療になります。

噛める力も天然歯とほぼ変わらないのがインプラントの特徴です。

「よくどのくらい保つの?」ということを質問いただきますが、

きれいにメインテナンスをして、お口の悪い習慣がなく過ごせていれば、

インプラントの90%以上は10年以上持つことが論文上もわかっています。

今回はそんなインプラント治療を受けた患者さんのお喜びの声を紹介したいと思います。

この方は78歳で年齢的にも手術ができるか、最初は心配してみえました。

でも「先生が丁寧に優しく説明や処置をしてくれたおかげで、

安心して治療を受けることができました。」とおっしゃってみえました。

またこの年だからこそ、なんでも食べることができ、

毎日おいしく食事もできますと、大変喜んでみえました。

この方は治療後、毎月メインテナンスに来院され、

いつもさっぱりして気持ちよかったと喜んで帰られるので、私も嬉しくなります。

今後もお口の健康をはじめ、サポートしていきたいです。

 

お口のお悩み お気軽にご相談ください

笑顔あふれる歯科医院 

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科


口腔習癖について


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の三浦です。

今回は「お口の悪い習癖」についてお話したいと思います。

「口腔悪習癖」という言葉を聞いたことはありますか?

お口から喉までの部分での、無意識に繰り返す悪い癖を言います。

具体的に指しゃぶり・物を噛む癖(タオル・鉛筆・爪など)唇を吸う・かむ癖

舌を前に出す癖・口呼吸・頬杖・うつぶせ寝などです。

このようなお口の悪い癖(口腔悪習癖)を続けていると、

歯並びやアゴの成長に悪影響を及ぼすことがあります。

みなさん、あてはまるものはありませんか?

うちの子はいくつか当てはまるものがあり、

それによって歯並びやかみ合わせに影響が出ていることがわかりました。

当院で歯科矯正を受けていますが、歯科矯正の器具を使用するだけでなく、

お口の悪い癖をなくすためのトレーニングも受けています。

せっかく歯並びやかみ合わせがキレイになっても、

悪い癖が残っているとまた崩れてきてしまうからです。

口腔悪習癖は無意識に行ってしまうので、なくすためには家族のサポートが大切です。

家族で協力して行っていきたいです。

 

 

『セラミック治療のご紹介』

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の宮脇です。

みなさんは思いっきり大きな口を開けて笑えますか?

口を開けた時に銀歯が目立って嫌だと感じたことはありませんか?

そこで、セラミックという自費治療の紹介をさせていただきます。

セラミックで歯を治すことは、金属と比べて次のメリットがあります。

①歯を自然な白さに白くできる

②材料が歯と直接化学的にくっつける

→2次的な虫歯のリスクを下げられる

→金属で治すよりも、虫歯予防になる

せっかく歯を治すなら、虫歯のリスクをとことん下げて治療したいですよね。

セラミックの種類であるジルコニアについて、今回はご紹介します。

ジルコニアは、歯が虫歯でなくなった部分を

「強く、美しく、親和性(体への馴染み)の高い素材」で治すことができます。

銀歯を白い被せ物への交換はもちろんの事、

金属を使わないので金属アレルギーの方にも適しています。

強度がとても高く、プラークも付きにくいんです。

お口を開けた時に虫歯などの治療跡の銀歯や金色、黒っぽい詰め物は気になりませんか?

白い詰め物、被せ物に替えることで美しい笑顔を取り戻すことができ、

明るい口腔内になります。

気になることなどございましたら、いつでもスタッフまでお問い合わせください

 

 

『お口の健康フェスティバルに参加しました』

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の安村です。

6月に垂井町で行われた「お口の健康フェスティバル」に参加してきました。

私はブラッシング指導の担当をしました。

虫歯がないか、歯の異常がないかの検診をはじめ、お口のお悩み相談など、

たくさんの人が来場され、1人1人のお口の中に合った清掃方法を提案しました。

その中でどのくらいの頻度で歯医者に行けばいいの?という質問がありました。

歯ブラシでどんなに頑張って磨いても取りきれない汚れが存在します。

そのため、補助的な清掃用具を用いたり、

プロフェッショナルケアを私たちが行うことにより、虫歯予防や歯周病予防に繋がります。

虫歯の治療が終わったからそこで終わりではなく、健康な歯を維持していくために、

歯周病、虫歯の予防として1〜3ヶ月で定期的にクリーニングに通われることをお勧めします。

 

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください。

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 


正しい舌の位置ってなあに?


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の玉谷です。

今日は正しい舌の位置(舌位)についてお話します。

と言っても正しい舌の位置ってなに?と思われるかもしれませんが、

正しい舌の位置は

①舌の先が上の前歯の裏に付いている

②舌の広い部分が上アゴの裏に軽く付いている状態です。

口がポカンと開いていると舌が下がり、これを「低舌位」と言います。

低舌位は、

①上アゴが狭くなり歯並びが悪くなる

②アゴの位置が変わる

③気道を狭くして口呼吸になり、さらに唇が開くという状態になります。

舌が正しい位置にあると、矯正後も歯並びが安定し、アゴが正しく成長します。

アゴの位置が安定することで、気道が広くなり、呼吸が楽になります。

舌は筋肉の塊であり、お口の中で重要な働きをします。

矯正で歯並びを直しても舌が正しく機能していないと、元の悪い歯並びに戻ってしまいます。

もちろん舌だけでなく、歯は骨と筋肉(頬や舌)で囲まれています。

その筋肉がバランス良く機能していないと正しい発音ができず、正しく機能することはできないのです。

まずは当院のセルフチェックで正しい舌位かどうか確認できますのでぜひお越しください。

 

『初めての歯医者、泣かずにできました!』

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の山田です。

先日、3歳の娘を初めて歯科医院に連れてきました。

部屋に入り、最初は不安な顔をしていましたが、モニターに映るアニメに夢中になり、

泣くこともなく歯磨きと写真を撮影することができました。

スタッフや先生にもしっかりお話していて

「今日一人でちゃんとできたよ!」と嬉しそうに話してくれました。

当院では部屋に入れない小さなお子様や、初めてで不安なお子様は最初から診療室に入らず、

キッズルームでの診療も行っております。

診療室に入ると天井にモニターがあり、チェアーを倒すとアニメが見れるようになっていますので、

テレビを見ながらあっという間に治療が終わります。

歯医者が怖くて泣いてしまうお子様もみえますが、

トレーニングもしながらすすめていきますので心配せず、お気軽にお越しください。

 

『8020表彰を行いました』

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の藤塚です。

当院ではウェルカム会員の方が80歳で20本歯が残っている場合、

ささやかですが表彰をさせてもらっています。

今回は5月30日で80歳を迎えられ、23本歯が残っていたHさんのお話をさせていただきます。

Hさんはここ2、3ヶ月までは自転車で毎月来院しており、

定期的にかかさずみえていました。

朝晩の歯磨きと、毎月歯医者に通うことを心がけていたそうです。

趣味はカラオケで、10年ほど続けているそうです。

なかなか何事も毎日続けることは難しいですが、Hさんのお話を聞いて私も元気をもらいました。

今後も元気で長生きしたいという目標があるそうです。

そのためにも歯科衛生士という立場で、お口の健康のサポートをしていきたいと思います。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください。

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 

 


歯の健康フェスティバルに参加してきました


『歯の健康フェスティバルに参加しました!』

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の伊藤です。

先日6月11日(日)に大垣市歯科医師会の主催で、

歯の健康フェスティバルが開催されました。

ビバ・スマイル歯科からは、

宗季先生と衛生士の安村さんの3人が運営スタッフとして参加しました。

私たちが参加したのは垂井会場で、当日は150名近くの方が来場されました。

私はブラッシングコーナーを担当し、来場された方の歯ブラシ指導をさせてもらいました。

どの方も2〜4ヶ月ごとのメインテナンスを受けてみえる方だったので、

清掃状態は良い方ばかりでしたが、

その中でも来場者の方の疑問に思っていることなどに答えることができてよかったです。

またこのような機会があったら参加したいです。

 

『V7のセミナーに参加してきました。』

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の鈴木です。

入局して3ヶ月が経ちますが、先輩衛生士に指導してもらい、少しずつ仕事にも慣れてきました。

まだまだ不慣れなところはありまずが、頑張っていきたいです。

5月には当院で行っているV7歯ブラシの実習セミナーに参加してきました。

定期的なクリーニングを見て先輩の口を借りて練習していましたが、

改めてV7ブラシの効果や磨き方について学ぶことができ、とても勉強になりました。

また、セミナーは実習と講習があり、その中で印象に残ったのが、

8020達成者と8020非達成者の医療費を比較したデータです。

達成者は非達成者よりも歯科医療費が3,600円高いことがデータから分かりました。

しかし、総医療費(医科、眼科など)は323,200円安いということが調査で分かっていました。

総合的に見ると、歯が健康な方が、なんでも食べれて健康で良いことばっかりですね。

お口は身体の健康に直結しており、毎日の口腔ケアが非常に重要ということも改めて分かりました。

なので当院に通いクリーニングを行っている患者さんは来院されたら笑顔で楽しく会話をし、

健康的な方が多いのだと感じました。

 

続いては歯磨きのタイミングのご紹介です。

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の中村です。

みなさん、歯磨きはいつ磨くのが大切だと思いますか?

歯磨きは1日3回磨くのが理想と言われています。

その3回のうちで1番大切なのは夜寝る前の歯磨きです。

起きている時は唾液によって構内の細菌が抑えられていますが、

寝ている間は唾液の分泌が少なくなります。

唾液には殺菌作用があるため、唾液が減少すると細菌が増加し、

虫歯ができやすくなると言われています。

寝起きの口臭がきつかったり、口内がネバつく原因は細菌が増加したためです。

最低でも1日1回、寝る前の歯磨きは特に念入りに行うようにしましょう。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください。

笑顔あふれる歯科医院 

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科


ブログ通信を発行しています!


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の星屋です。

先月からブログ通信という通信を受付で発行しております。

この通信はHPに掲載しているブログをご紹介させていただいたり、

治療の内容を紹介する通信になっています。

歯についてためになる内容で、分かりやすい通信を作り、

少しでも皆さんが安心して治療を受けていただけるような通信にしていきたいと思います。

なにか知りたいことなどありましたら、リクエストも受け付けておりますので、

お気軽にスタッフまでお声掛けくださいね。

毎月20日発行です。お楽しみに!

 

つづいてはキシリトールについてのご紹介です。

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の伊藤です。

今回は毎月メインテナンスに通っていただいている患者さんについてお話させていただきます。

その方は甘いものが大好きで、日頃から間食がとても多く、

口の中が虫歯になりやすい状態で、毎月のクリーニングと虫歯治療を行っている状態です。

歯は一度削ると一生治療を繰り返さないといけません。

甘いものはやめられない、食べていないと口が寂しい・・・とおっしゃるので、

その代わりにキシリトール100%のガムを勧めました。

キシリトールには虫歯の発生・進行予防、唾液の分泌を促すなど、さまざまな効果がみられます。

食後20〜30分噛むのが効果的と言われています。

この方も、間食をキシリトールガムに変えてから、汚れが減り、虫歯の治療の回数もグッと減りました。

みなさんもキシリトールガムを噛んでおいしく虫歯予防をしましょう。

 

 続いては、家庭訪問のお話をさせていただきます。

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の小川です。

5月の終わりに、小学校の家庭訪問がありました。

私が小学生のときもこんなことがあったなと、懐かしく感じました。

親としての家庭訪問は子供の頃よりも楽しみでした。

普段知りえない学校での子供の様子が分かるからです。学校でちゃんとやっているのか、

まわりと協調できているのか、入学して1ヶ月の我が子のことを先生はよく見ていて下さり、

知りたいことを多く教えていただけました。

このビバスマイル歯科でも来院された方に確かな情報を伝え、

少しでも患者さんの役に立てるような歯科衛生士になっていきたいです。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 


歯を失ってしまった場合の治療について


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の宮脇です。

みなさんは、虫歯や歯周病で歯が失われたままにしておくと、

他の歯もダメになってしまい、身体にも大きな影響を及ぼすことをご存知ですか?

噛み合わせが悪くなり、頭痛、肩こりなど良いことは1つもありません。

そこで見た目や噛む力を回復させるために歯を補う治療をしなければなりません。

その治療法は大きく分けて3つあります。

1、ブリッジ 

2、入れ歯 

3、インプラントです。

ブリッジは失った歯の両側の歯を削り、橋をかけるように歯を補います。

固定式なので違和感が少なく、保険内での治療が可能です。

白い歯で希望される方も、保険適応外の素材があります。

ブリッジは隣在歯を削るので、健全な歯を削る場合もあります。

お掃除の状況が悪いと、虫歯が生じることもあり、そのような場合はやり直しが必要です。

 

入れ歯はブリッジのように歯を大きく削る必要はありません。

入れ歯は取り外し式で残っている歯にバネをかけます。

バネをかける歯や入れ歯と接触する粘膜・骨がかみ合わせの力を負担します。

入れ歯も保険のものと保険適応外があります。

歯を失ってから、比較的早く、安価に作れることがこの装置のメリットです。

しかし、お使いになる状況によっては、取り外しの力やかみ合わせの力で必要以上の力がかかります。

つまり、バネをかけた歯に力が過剰に加わることがあります。

そういった有害な力は、歯を支える組織を脆くし、歯が揺れ出し、歯周病も引き起こされます。

入れ歯が大きくなると、お口の中が「入れ歯の床の部分」で広く覆われてきます。

粘膜を覆いますので、味覚や温度に対する感覚が鈍くなってしまいます。

 

 

インプラントは失った歯の本数に限らず適応できます。

インプラントは歯を失った部分にチタンでできた人工の歯根(根っこ)を埋め込み、

人工の歯をその上に補う方法です。

インプラントは失った部分のみ治療するので、

ブリッジや入れ歯のように残存している歯や粘膜に負担をかけません。

また、噛み心地や見栄えに優れています。

インプラントは、治療開始から終了までに早くて2ヶ月〜3ヶ月を要します。

「インプラントの治療は怖い」と思われる方もいらっしゃると思います。

でも、手術・処置は短時間に終わります。

例えば、単純な症例の場合は、麻酔から処置を含めて、30分ほどで手術は終わりますよ。

また当院では、リラックスして治療ができる「笑気麻酔」「静脈麻酔」を備えています。

(インプラントは保険適応外の治療となります。)

 

このように歯を失われた場合にはいろいろな治療方法があります。

ぜひ一度、ご相談ください。

 

続いてはイチゴ狩りに行った時のお話をさせていただきます。

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の山田です。

先月末に家族3人でイチゴ狩りに行ってきました。

イチゴ狩りは子供が生まれてから毎年恒例になっていて、

今年も「イチゴ狩りに行こうか」というと、飛び跳ねて喜んでいました。

ハウスに着くと、イチゴの甘い香りがして、私たち大人も童心に帰ったようにたくさんイチゴを食べました。

子供も一人で黙々とイチゴを食べていて、気付くとトレーいっぱいにイチゴのヘタがあり、

口いっぱいにイチゴを頬張る姿を見て思わず笑ってしまいました。

だんだん食べる量も増え、これから暑い時期になってくるとジュースやアイスなどの甘い物も増えてきます。

これから夏休みで家にいることも多くなり、

またレジャーなどへ出かけると、食事が乱れてしまいますが、

メリハリをつけて毎日の歯磨き、フッ素を続け虫歯の予防をしっかりつけいきたいです。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 


8020の表彰を行いました


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の藤塚です。

今回は先日8020を表彰されたMさんについてお話したいと思います。

Mさんは普段から歯間ブラシを使ってよく磨くことに気をつけていたそうです。

散歩や風景、子供の写真を撮影するのが趣味だそうです。

退職してからは毎日1時間のウォーキングをしていると聞き、パワーをもらいました。

今後は昔から好きだった旅行で山陰の方に行き、

おいしいものを食べたいですと、元気なお言葉をいただきました。

また、お喜びのお言葉を頂いたのでご紹介したいと思います。

「80歳の誕生日を迎え、8020を表彰していただき、ありがとうございます。

院長先生をはじめ、スタッフの皆様のおかげと感謝しております。

歯は健康の源と、この年になって実感しております。今後ともよろしくお願いします。」

とおっしゃってみえました。

私も今後もお口の健康をサポートしていきたいと思います。

 

続いては歯並びについてご紹介させていただきます。

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の玉谷です。

幼稚園、小学校中学校の親御さんがお子さんの歯で心配なことの1つに歯ならびがあると思います。

歯並びが悪い原因って考えたことはありますか?

親の遺伝子が原因で歯並びの不正、異常は5%もないのだとか。

実は歯並びの異常のほとんどの場合が

普段の呼吸の仕方、嚥下(えんげ)、姿勢、習癖が原因でその結果が歯並びに出ます。

歯並びが綺麗になったら矯正は終わり!

そんな矯正の治療だと装置を外した後、また元の悪い歯並びに戻ってしまいます。

当院では歯並びの治療の前に癖を治し、トレーニングをして、

悪い癖を直すトレーニングが必要と考えています。

歯は骨と筋肉で囲まれています。

その筋肉がバランス良く機能していないと正しく発育できなければ、正しく機能することもできません。

歯並びは先生や装置が治すだけではなく、

自分の体の正しい発育と機能もキレイな歯並びへと導いてくれます。

乳幼児期から小中学年くらいまでの成長期の最も大事な今だからこそ、

その原因を改善していきませんか?

 

続いてはpoicについてのご紹介です。

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の星屋です。

少しずつ暑い日が増え、夏が近づいてきましたね。

気温差が激しいこの時期は風邪を引きやすい方も多いのではないのでしょうか。

私は喉が痛くなることが多く、炎症を起こしやすいです。

喉風邪をよく引いてしまう、そんな方には当院の除菌水POICの使用をオススメしています。

口の中の細菌はもちろんのこと、喉の細菌もPOIC水で20秒ブクブクうがいをすれば除菌できます。

実際にPOIC水を使用してみえる患者さんも、

POICを使っていたおかげでインフルエンザにもならず、風邪知らずだった!とお話してくださいました。

細菌を除菌できる万能なPOIC水、ぜひご自宅でのご使用もオススメします。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 


V7の紹介


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の伊藤です。

以前、当院ですすめているV7ブラシを用いたつまようじ法の講習を受講し、

今年は私を含め、4人の歯科衛生士がV7つまようじ法の認定歯科衛生士を取得しました。

当院には現在10名の認定歯科衛生士がいます。

つまようじ法とは、つまようじのように歯ブラシの毛先を歯と歯の間に出し入れすることにより、

歯間部の歯肉マッサージや歯垢除去を行うブラッシング法です。

つまようじ法の効果としては、

①マッサージ効果

②歯の動揺の改善

③口臭の減少 です。

つまようじ法は別名『術者磨き』といわれていて、

人に磨いてもらうのがとても気持ちい歯ブラシ方法となります。

まだ体験されてみえない方、ぜひ体験してみませんか?お待ちしております。

 

続いてはPOIC水の紹介です。

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の中村です。

みなさん、朝の歯磨きはいつしてますか?

起きた直後にするという方や、朝食後にするという方に分かれると思います。

朝2回磨くのは大変ですし、磨きすぎになってしまいます

なので、当院で使用しているpoic水で1回はうがい、もう1回はという具合に分けてみてはいかがでしょう。

起きた直後にうがいをして、朝食後に歯磨きをするという流れです。

起きたばかりの口内は、就寝中に繁殖した細菌がネバついて気持ち悪いものです。

POIC水で起きたばかりの時に口をゆすいで、除菌し、

洗い流すことですっきりとした気分で朝食を食べられます。

その後、朝食を済ませてから歯磨きをすれば、

食べかすが口内に残ることもないので、むし歯や口臭にも最適です。

 

歯科検診についてのお話です。

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の小川です。

長男がいよいよ小学1年生になりました。入学式の翌日にはさっそく発育測定をしたそうです。

大人は健康診断で身長や体重を測ったり、人間ドッグを受診される方もいらっしゃると思います。

健康診断というと、レントゲンや心電図を撮影し、問題がないかを確認しますが、

歯科検診までされる方は少ないのではないでしょうか。

実は歯は身体の健康にとても大きな関わりがあります。

口の中の状態が悪いと、当然ばい菌(細菌)が繁殖します。細菌が繁殖したまま飲食を繰り返すと、

その菌を飲み込むことになります。

そしてそれが心疾患や肺炎、動脈硬化など、想像以上に大きな病気に発展することもあるのです。

健康診断で異常がなかったから大丈夫!

確かにその通りですが、それと同時に歯の健康診断もしてみてはいかがでしょうか。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください。

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科

 

 


8020運動


こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の鹿野です。

みなさんは「8020運動」をご存知ですか?

この運動は80歳になっても自分の歯を20本以上保とうというものです。

厚生労働省と日本歯科医師会の呼びかけで平成元年から薦められています。

20本以上の歯があれば、食生活に支障がなく、ほぼ満足に食事ができると言われています。

そのため、「生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて

この運動が始まりました。

楽しく食生活を送り続けるためには、生まれてから亡くなるまでのすべてのライフステージで

健康な歯を保つことが大切です。

虫歯ができたから歯医者に通うのでは手遅れになってしまう可能性があります。

健康な歯を保つために、普段から検診、メインテナンスに通われることをお勧めします。

ご来院お待ちしております。

 

続いては、8020を表彰された方の紹介をさせていただきます。

 

こんにちは、大垣市の歯医者ビバ・スマイル歯科の三浦です。

先日、ウェルカムクラブ会員のKさんの8020の表彰を行いました。

Kさんは約17年間、当院でメインテナンスに通っていただいています。

これまで気をつけてきたことをお尋ねすると

「特別気をつけてきたことはないかな〜」とのことでした。

長い間、メインテナンスに通ってみえますが、Kさんにとって、

メインテナンスに通うということは「特別なこと」ではなく、「習慣」になっていたんですね。

「食べること、旅行すること」がお好きだそうです。

これからも健康な歯で、好きなことを思いっきりできるよう、サポートしていきたいです。

 

続いては新しく導入した歯ブラシの紹介です。

 

こんにちは、大垣市の歯医者、ビバ・スマイル歯科の歯科衛生士の山田です。

当医院では最近「ネオタフト」という歯ブラシを導入しました。

ネオタフトに特徴は先端が山形になっており、その横に3列のブラシというコンパクトサイズです。

この歯ブラシは矯正装置の入っている人や、親知らずを抜歯した後のブラッシングなどに有効です。

矯正装置の周りは、ワイヤーが入っていると、隙間に食べ物が入りこんでしまうため、

普通の歯ブラシではとりにくいです。

そんな時は、この歯ブラシをワイヤーの間に入れて、細かく磨くといいです。

次に親知らずを抜歯した後の場合は、手前の歯茎が少し下がることもあり、

根本に汚れが残ってしまい、虫歯のリスクも上がります。

ですが、ヘッドも小さく、先がワンタフトになっているので、すんなり入り磨きやすくなっています。

実際に勧めた患者さんから、

「しっかり歯ブラシが当たるので、とても使いやすいです。」と、お声をいただきました。

ぜひ使ってみたいという方は、お気軽に声をお掛けください。

 

お口のお悩み、お気軽にご相談ください。

笑顔あふれる歯科医院

大垣市の歯医者 ビバ・スマイル歯科