2015年3月26日

採用メッセージ

ビバ・スマイル歯科の採用情報サイトをオープンいたしました!ぜひご覧ください。
採用情報サイトはこちら

採用情報

来院者さまの健康維持をサポートできることで喜びを分かち合い、笑顔があふれる歯科医院。それが、ビバ・スマイル歯科です。

広くゆったりとした環境の中で来院者さまと豊かなコミュニケーションを取り、大垣近隣の地域の皆さまと信頼関係を築いていく歯科医院づくりをしています。そんな思いに共感してくださる方をお待ちしています。

募集情報

働きやすい職場をお探しの歯科衛生士さんへ
チームメイト募集のお知らせ

当院では、地域の患者さんに対して、「"健康でいられる" "それをサポートできる" 喜びを分かち合い、笑顔があふれる歯科医院を目指します」という目標をもち、全員のスタッフがやりがいのある仕事を担当しています。
人の笑顔を見ることが大好きで、来院者の役に立つことに喜びと生きがいを感じる歯科衛生士さんがいらっしゃったら、私たちのチームの一員として、一緒に仕事をしてみませんか?和気あいあいとした雰囲気のスタッフと、ユニークな発想と行動力のある院長が、あなたをお待ちしています。

私たちは、役職・勤続年数に関係なく、皆が自主性を発揮して、医院を良くしていこうと努力しています。歯科衛生士として、そして人間として成長していきたい方、夢を持っている方には、きっと働きやすい職場だと思います。

今回は、2名の歯科衛生士さんを募集します。

院内見学のみ、電話でのお問い合わせのみ、資料請求のみでも、いつでも歓迎です!先輩スタッフが、優しくご案内いたします(諸条件などの詳細も、どうぞお気軽に電話にてお問い合わせください)。

経験者歓迎ですが、経験が少ない方にも、当院のマニュアルに基づいた丁寧な研修プログラムがありますので、安心して応募してください。

ただし、当院の理念に共感して下さらない方、勉強嫌い・成長嫌いな方、小さな子供さんが苦手な方は、応募をご遠慮ください。

それでは、あなたとご縁がありますことを心から祈っております。

ビバ・スマイル歯科院長 山田 武次・スタッフ一同

TEL:0584-92-2040
山田まで

歯科衛生士募集要項

仕事内容 歯科衛生士業務
雇用形態 正社員 / パート・アルバイト
給与 正社員月給:210,000円~260,000円
パート時給:1,000~1,800円
※年齢、能力、経験により考慮します
賞与 (平成25年実績)
夏季・冬季 各1.5か月分支給
※業績や評価指数によって変動あり
昇給:原則として年1回査定あり
勤務時間 平日 8:30 ~ 19:00(90分休憩)
第2.4土曜 8:30 ~ 18:00(90分休憩)
他土曜 8:30 ~ 13:30
休日・休暇 週休2日(木曜・日曜・祝日)
連休:GW・お盆・年末年始
待遇

ママさん応援支援正社員制度
本制度は、お子さまをお持ちの方が働きやすいように、勤務時間を保育園や託児所などのお迎えに合わせていく正社員雇用制度です

交通費全額支給(上限24,500円まで)

住宅手当あり・制服支給・講習会費補助・研修プログラムあり・診療マニュアルあり・慰安旅行あり・各種イベントあり(忘年会・お誕生日プレゼントなど)

退職金制度有り(勤続5年以上)
保険・手当 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災
皆勤手当・資格手当
応募資格 要 歯科衛生士免許
提出書類:履歴書
選出方法:面接・筆記
応募はこちらから メールフォームはこちら
電話:0584-92-2040

歯科助手および受付 募集要項

仕事内容 助手および受付業務
雇用形態 正社員 / パート・アルバイト
給与 正社員月給:160,000~210,000円
パート時給:800~1,200円
※年齢、能力、経験により考慮します
賞与 (平成25年実績)
夏季・冬季 各1.5か月分支給
※業績や評価指数によって変動あり
昇給:原則として年1回査定あり
勤務時間 平日 8:30 ~ 19:00(90分休憩)
第2.4土曜 8:30 ~ 18:00(90分休憩)
他土曜 8:30 ~ 13:30
休日・休暇 週休2日(木曜・日曜・祝日)
連休:GW・お盆・年末年始
待遇

ママさん応援支援正社員制度
本制度は、お子さまをお持ちの方が働きやすいように、勤務時間を保育園や託児所などのお迎えに合わせていく正社員雇用制度となります

交通費全額支給(上限24,500円まで)

住宅手当あり・制服支給・講習会費補助・研修プログラムあり・診療マニュアルあり・慰安旅行あり・勤続5年10年表彰・各種イベントあり(忘年会・お誕生日プレゼントなど)

退職金制度あり(勤続5年以上)
保険・手当 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災
皆勤手当・資格手当
応募資格 提出書類:履歴書
選出方法:面接・筆記
応募はこちらから メールフォームはこちら
電話:0584-92-2040

歯と健康を守るためにどうしたらよいかをいつも考えています

院長あいさつ

皆さま初めまして。ビバ・スマイル歯科の院長、山田武次です。
歯科診療に携わるようになってから、むし歯や歯周病を一生懸命治療してもまた再発し、次第に悪くなっていくこと、どんなに努力しても歯科治療には限界があること、治すほど歯は悪くなることに私はずっと悩んできました。

そこで、インプラントをはじめとする最新の歯科医療、東洋医学、中医学、鍼灸など多様な治療を学びました。そして、さまざまな試行錯誤を繰り返す中で、私たち歯科医師が扱う多くの口腔周辺のトラブルや症状は、歯科的に発生しているのではなく、心身(全身)のトラブルが原因となっていることが多いことに気がついたのです。

院長あいさつもちろん欠損した歯を補綴する技術は大切ですが、それよりも歯を失わないようにすることが大切だと考えるようになり、本当の原因は何かを意識して予防に力を入れるようになりました。その場しのぎの歯科治療ではなく、もっと来院者さまの身体をトータルに診て、その方の将来にわたって健康を守りたいと考えるようになったのです。

そして、来院者さまに正しい予防方法と知識を身につけていただき、健康で豊かな毎日を過ごせるようにしていただこう、一人ひとりに合ったオーダーメイドの予防方法を提案していこうと考えるようになりました。そんな考えのもとに、開院したのがビバ・スマイル歯科です。

「笑う、話す、食べる」幸せ お口の健康は豊かな人生への近道です

院長あいさつ私は、生まれ育った地元で多くの皆さまと出会い、その健康を守るために役立つことを求めて分子栄養学やゲノム解析(遺伝子検査)などにも興味を持ち、歯科治療にも取り入れてきました。

最近では歯科ドックで、歯だけでなく未病段階の全身の病気やトラブルを見つけ、早期に対処する取り組みも始めました。今後は、心と身体のストレス外来の設置も視野に入れています。

そして、治療よりも予防に力を入れ、来院者さまの歯の延命を図るために日夜努力しています。健康な方にこそ来院していただき、健康をともに喜び、笑顔で会話のできる関係が私たちの目指すところです。

お口は健康の入り口であり、歯を守ることは身体全体の健康を守ることにつながります。いつまでも健康な歯を維持していただけるよう、地域の皆さまのかかりつけ医を目指していきたいと考えています。自分の身体をよく知り、歯を守り、健康を守り、健康長寿を目指したいとお考えの方は、ぜひご来院ください。

より充実した人生を送っていただくための、ビバ・スマイル!

院長あいさつビバは、イタリア語でvivaです。万歳という叫び、生き生きしている、活発な、陽気な、という意味があります。「ビバ・スマイル」という当院の名前には「健康でいられる」喜び、それを「サポートできる」喜びを分かち合い、笑顔があふれる歯科医院を目指すという思いを込めました。来院者さまの生き生きとした元気なスマイル、"美歯"なスマイルを大切にしていきたいと考えています。

院長プロフィール

院長あいさつ医療法人社団 東山会 ビバ・スマイル歯科
院長 山田 武次

【経歴】
昭和59年 岐阜歯科大学(現:朝日大学歯学部)卒業
昭和61年 メーヨ歯科(現:ビバ・スマイル歯科)開設
平成09年 歯学博士授与(朝日大学口腔外科学講座)
平成元年 労働衛生コンサルタント 資格取得
平成25年 社)臨床ゲノム医療学会 ゲノムドクター認定医取得
     NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会 分子栄養学認定医
     NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会 認定医

健康長寿を目指し、最期まで元気で快適な人生を送っていただきたい

訪問診療

今まで元気に通院されていた来院者さまが突然、病気で歩行困難になられてしまいました。その方から「病状が安定してからぜひ訪問して診療してほしい」と依頼を受けたことをきっかけに、当院は訪問診療・往診を始めました。

予防やご家庭でのケアに熱心に取り組んでこられた方々もご高齢となり、ご自身でのケアや通院が難しくなる方も増えてきています。そうした方ほど口腔内のケア、入れ歯の調整・製作、摂食嚥下障害のリハビリテーションなどが必要な状況にあると考えられます。

高齢化社会の中で、地域の皆さまの一生涯にわたった口腔内管理をしていきたいという思いで、訪問診療・往診にも積極的に取り組んでいます。

●訪問診療・往診 のメリット
・通院の必要がない
・自宅なのでリラックスして治療が受けられる
・介護者の方の負担が減る
・誤嚥性肺炎を予防できる
・保険が適用される

訪問診療と往診の違いをご存じですか?訪問診療
訪問診療も往診も、歯科医師が居宅や施設(自宅や親戚の家、老人施設、グループホームなど)に出向いて行う診療です。保険診療の仕組みの中で、医師がその都度患者さまの求めに応じて出向く診療が「往診」、あらかじめ医師が診療の計画を立て、患者さまやご家族の同意を得て定期的に居宅などに出向いて診療するものが「訪問診療」です。

訪問診療・往診時には治療費が発生しますが、健康保険・介護保険が適用されますので、自己負担額分のみをお支払いいただきます。交通費や謝礼等はかかりませんのでご安心ください。

●訪問治療・往診でできること
・入れ歯の調整、修理、作り直し
・むし歯や歯周病の治療
・口腔ケア
・摂食嚥下障害のリハビリテーション

美味しく食べて健康長寿を目指すためのケアや治療

訪問診療当院では、訪問診療専任スタッフを設け、ポータブルユニットなど必要な機材を整え、できる限り迅速な対応を心がけています。特にご高齢の方が楽しく食事できるように、口腔機能を最優先とした診療を心がけています。

今後も、寝たきりなどの要介護の方も対象に、ご本人やご家族の希望を把握し、それぞれの事情に合わせた在宅の歯科治療や口腔ケアにも取り組みたいと考えています。口腔ケアによって口腔機能の改善・向上を図り、口腔を清潔に維持して快適な食生活を回復していくお手伝いをすることが私たちの願いです。

歯科治療が原因となる金属アレルギーへの対応は歯科医師の使命

金属アレルギー

「指輪やネックレスでかぶれやすい」「歯科医院で治療を受けてから体調がすぐれない」などでお悩みではありませんか?もしかしたら金属アレルギーかもしれません。歯科金属にはいろいろな金属が含まれているため、お口の中に装着している銀歯や入れ歯などで使用される金属が原因となり、全身にアレルギー症状を発症することもあります。

歯科医師として金属アレルギーには責任を持って対応していきたいと考え、当院では金属アレルギー外来を開設し、全身の健康にも配慮した治療を行っています。

原因不明のお肌のトラブルや体調不良は、金属アレルギーかもしれません

金属アレルギー口内炎をはじめ、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎など、歯科金属による金属アレルギー症状は、お口の中だけでなく、直接金属が触れていない全身にも現れます。昔の歯科治療で使用した金属が長い時間をかけてお口の中に溶け出し、それが過剰に体に取り込まれることでアレルギー反応を起こしてしまうのです。

金属アレルギーの原因となりやすいのは、コバルト、スズ、パラジウム、インジウム、ニッケル、クロム、水銀などがあります。特に歯科治療で使われることの多いパラジウムと銀、水銀を含むアマルガムが原因のことが多いようです。

金銀パラジウム合金
保険治療で一般的に使用される金属で、銀歯の詰め物や被せ物は基本的にこの金属で製作されます。

銀合金
神経を取った歯の土台などに使用されます。錆びやすく、溶け出して歯ぐきが黒く変色する原因となります。

アマルガム
レジン(歯科用プラスチック)が使用される20年以上前に、頻繁に使用されていたのがアマルガムです。アマルガムに用いられるのは無機水銀で、アレルギーや不定愁訴を引き起こすとも言われています。

健康な歯にも影響を及ぼす親知らず

親知らず

親知らずは前から数えて8番目の歯で、第3大臼歯、智歯とも言われます。生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、こうした場合は将来的にむし歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。

また親知らずがむし歯になってしまった場合、治療をしてもその後のメンテナンスが難しいため、高い確率で再発します。最悪の場合は、手前の健康な歯(第2大臼歯)を巻き添えにしてしまうこともあるため、早めにご相談されることをお勧めします。

回復の早い若いうちに抜歯しておきましょう親知らず
特に親知らずを抜歯した方が良いのは、萌出する隙間がないため生えきれず歯の一部だけが見えている場合、横向きに生えている場合、骨の中に完全に埋まっていて、自覚症状(腫れたり炎症を繰り返すとき)がある場合、歯並びに影響する恐れがある場合などです。

急性の炎症を起こしている場合は、すぐに抜歯できないことがあります。また年齢が若いときの方が歯根が完成されていないこともあり、周りの骨も柔らかいため、抜歯が容易です。

難症例の親知らず(特に下あごの水平埋伏智歯)も当院での手術が可能です

親知らず根が横に生えていたり、あごの中に埋まったりしている親知らずは、抜歯時に血管や神経を傷つけてしまう恐れがあります。複雑に生えている親知らずの抜歯は特に難しく、大学病院や症例経験が豊富な歯科医師、口腔外科を得意とするドクターに紹介されることが多くなっています。

当院はこれまで数多くの親知らずの抜歯も手がけてきました。CT検査にて患歯の位置や周囲組織の状態を的確に確認して、安全な手術を心がけています。難症例についても安全かつ的確に処置してきた実績があり、抜歯後もお口の中を総合的に管理しますので、他院では処置が難しいと断られた方もご相談ください。

過剰歯の抜歯も行っています

過剰歯の抜歯通常、歯は乳歯列期で20本、永久歯列期で28本、これに親知らずが1~4本加わります。それよりも多く出現した歯を「過剰歯」と呼びます。過剰歯は上あごの前歯の歯根付近に出現することが多く、真ん中の歯の間に出現したものが「正中過剰歯」、過剰歯が埋まっている状態のものが「正中埋伏過剰歯」で、放っておくと歯並びに影響が出る可能性があります。

そのため、乳歯から永久歯に生え変わる時期に抜歯することをお勧めしています。お子さまの抜歯も安心してお任せください。

できもの切除など、歯科小手術にも柔軟に対応します

当院では、歯肉や歯根の周囲のできもの(腫瘍)や、唾液の分泌がうまくいかず組織に唾液が混じる粘液のう胞などの歯科小手術も行っています。当院では難しいケースは責任をもって専門施設にご紹介しますので、まずはご相談ください。

●当院での口腔外科診療
・親知らずの抜歯
・親知らずの消炎(痛みや腫れを治すために、歯ぐきを切って膿を出す治療)
・過剰歯の抜歯
・口の中のできもの(腫瘍)の切除
・膿の袋(嚢胞)の摘出
・小帯(上唇小帯、舌小帯)の切除
・骨の塊(骨隆起)の除去

素敵な笑顔のために、美しく自然な口元を重視しています

審美歯科/ホワイトニング

よく笑う人は、心も身体も健康になれると言われます。しかし歯の色や歯並びに悩みやコンプレックスがあると、人前で思いっきり笑ったりおしゃべりを楽しんだりすることができません。

笑顔は気持ちも明るく前向きにし、心と身体の健康にもつながります。そこで当院では、見た目の魅力だけでなく、白い歯で美しく自然な口元で笑顔に自信を持っていただくために、歯のホワイトニングや最適な補綴(ほてつ)物を用意しています。より素敵な笑顔を手に入れ、心も身体も生き生きと健康になってください。

【審美歯科】ご希望やご予算に合わせて最適な素材をご提案します

むし歯治療での金属の詰め物・被せ物などを気にされている方は多いでしょう。近年は、歯科治療技術の進歩によってより優れた素材が開発され、美しい歯並びや口元づくりが実現しています。お口の中の状態やご要望、ご予算に合わせて最適なものをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

セラミックス/ジルコニア(キャミレージルコニア)オールセラミック
内部には白くて硬いジルコニア、外部には見た目の良いセラミックを使用することにより、見た目と強度の両立を目指したクラウンです。内部に金属ではなくジルコニアを使っているので硬度があり、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。

●クラウンって何?
「差し歯」と呼ばれる、歯全体の形や色調をカバーする方法です。むし歯などにより失われた部分が大きい歯にも対応でき、歯の形も大きく変えることができるので、歯並びや咬み合わせを整えることができます。

ジルコニア(ピュアパール)ジルコニア
白くて硬いジルコニアを使用しており、臼歯に最適なクラウンです。自然な白さを出すことができます。

ジルコニア(ジルライト)ジルコニア
白くて硬いジルコニアを使用した、臼歯限定のお値打ちなクラウンです。ただし、色調は限定されています。

ジルコニアインレージルコニア
ジルコニアブロックを削り出して製作するため、セラミックよりも強度が高く割れにくいのが特徴です。セラミックほどの透明感はありませんが、白い歯を再現でき、変色もせず、金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドインレーハイブリッドセラミック
セラミックインレーと比べると透明感はやや劣りますが、適度な粘りがあるので、噛む力の強い奥歯の詰め物に適しています。保険の詰め物と比べて唾液の吸収が少なく、適度な硬さで対合歯に優しいのが特徴です。

【ホワイトニング】白く輝く歯を手軽に手に入れることができます

ホワイトニングホワイトニングは、歯の表面の汚れを落とすクリーニングとは異なり、歯そのものの色素を分解し、明るさをアップして白くします。当院では、来院者さまのご希望やライフスタイル、スケジュール(結婚式や就活の時期など)に合わせて、3種類のホワイトニングをご用意し、きめ細かく対応しています。

●ホワイトニングはこんな方にオススメ
・結婚を控えていらっしゃる方
・手頃な値段で簡単に歯を白くしたい方
・最近、歯の黄ばみが気になる方

オフィスホワイトニング(クリスタル・ホワイトニング)ホワイトニング
ホワイトニング効果には個人差がありますが、黄色味、灰色味が強い方でも1回で驚くほど白さがアップし、人から気づいてもらえるような白さとなります。特に忙しくて時間のない方、結婚式や就活を控えた方などにお勧めです。歯面清掃と照射時間などを合わせても、処置はわずか45分ほどです(予約が必要です)。

ホームホワイトニング(ご自宅でのホワイトニング)ホワイトニング
歯型を採り、専用のマウストレーを作ります。ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを注入し、1日2~3時間使用していただきます。通常は約2週間でホワイトニングの効果が現れ、約4週間で安定してきます。この方法は後戻りが少なく、より長く白さを持続することができます。

スペシャルホワイトニング(オフィス+ホーム)
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行うことで、短期間で最高レベルの白さとなり、白く美しい歯を持続することができます。ぜひ一度お試しください。

ホワイトニング次へホワイトニング

●ホワイトニングの超進化系
新型LEDホワイトニングランプを使用した、さらに新しい自然・安全・確実なホワイトニング方法です。

当院のホワイトニングは熱に頼らず、光でも反応し、しみないようにしたホワイトニング方法です。歯の表面もツルツルになり、唾液中のカルシウムやフッ素も取り込まれ歯質がより強化されます。また、通常のホワイトニングは、白濁したような白さになりますが、このホワイトニングは透明感のある仕上がりになります。

歯やお口の健康を全身の健康づくりに役立てる歯科ドック

歯科ドック

予防を追究していくと、口腔内全体を把握する歯科ドックにたどり着きます。定期的に歯科ドックを受けておけば、治療のための通院にたくさんの時間をかけたり、治療の不快感や不安感に悩んだり、余分な費用をかけたりする必要がなくなります。

お口は健康の入り口であり、お口は全身につながっています。歯や口腔内をチェックすることでさまざまな身体のトラブルや病気の兆候もわかり、早めに対処することができます。当院では、歯科ドックを健康づくりに役立て、お口だけでなく身体も、不安なく快適に過ごしていただきたいと考えています。

●歯の健康セルフチェック ~こんな不安があったら歯科ドックへ~
□ 最近、舌や歯肉などに変わったことはありませんか
□ 口腔のがん健診を受けていますか
□ しっかり噛めますか
□ 食事中、あごに音や痛みはありませんか
□ 歯がしみたり痛んだりしませんか
□ 歯に穴があいていませんか
□ 歯ぐきが腫れたり、膿が出たり、歯がぐらぐらしたりしていませんか
□ お口の臭いが気になりませんか
□ 口の中が乾いたり、食べ物の味が変わったりしていませんか
□ 歯の形や歯ぐきの色が気になりませんか
□ その他、お口の中で気になっていることはありませんか

多様な分野の専門知識と技術で、さまざまな問題にも対処します

歯科ドック院長はもともと歯周外科を学び、日常の診療の傍ら、歯科とは一見かかわりのない東洋医学や中医学、鍼灸の研鑽も積んできました。また近年は分子栄養学を学び、臨床ゲノム医学学会にも属しています。多様な分野の専門的知識と検査データの分析から、健康状態についてアドバイスいたします。

歯科ドックでは、口腔内診査、レントゲン検査、CT検査、唾液分泌検査、血液検査、血液画像分析、ゲノム診断などを行い、多方面から健康状態をチェックします。また「SKY10」「メタトロン・ネオ」によるコンピュータ解析も行います。歯科人間ドックを歯と身体の健康づくりにお役立てください。

歯科ドックでは、こんな病気もわかります

歯ぎしり・顎関節症●歯ぎしり・食いしばり
歯肉や骨に無理な力がかかると、歯周病を急速に悪化させてしまうこともあります。

●顎関節症
口を開けるときにカクンと音がする、口が開けにくい、顎関節が痛むといった症状がみられます。うつぶせ寝や頬づえ、姿勢の悪さ、歯ぎしり、食いしばり、日常の咀しゃく習慣、ストレスなどの原因が重なって起こります。

●ドライマウス
唾液の分泌が少なくなってお口の中が渇き、ひりひりする症状が現れます。原因として、免疫力の低下、服用薬による副作用、遺伝、ウイルス、ストレス、女性ホルモンの減少などが考えられます。

●舌痛症
舌がピリピリするのに、舌の表面は外見上、異常がないのが特徴です。更年期を迎える中高年の女性に多く、ホルモンのアンバランスや自律神経の変調も関係すると言われています。

5分で病気がわかる【高次元人間ドックSKY10】【メタトロン・ネオ】

高次元人間ドックSky10SKY10は、1970年代にロシアの宇宙飛行士の健康管理のために開発されました。その後、欧米で研究開発が進められ、現在では世界の医療機関で導入されています。簡単に身体の状態を全体的に把握し、さまざまな病気やトラブルをチェックすることができます。

検査はたったの5分!
額の2箇所にパットを貼りつけ、両手両足を金属プレートの上に置きます。約5分間、微弱な電圧を通電します。この通電はピリピリすることを感じない程度の電気ですので、通電に弱い方でも心配することはありません。

身体のさまざまな箇所をビジュアルグラフ化します
検査によって、脳、心臓、自律神経系、神経系、消化器系、内分泌系などの状態がビジュアルグラフ化され、どこに問題があるのかが明確にわかります。

入れ歯では満足できない方にオススメするインプラント

インプラント

失った歯を補う上で最もお勧めできる治療は、自分の歯のように噛めるインプラントです。インプラントによって、入れ歯では満足できなかった「楽しいオシャベリ」「しっかり咬んで食べること」「美しい口元」を、ご自身の歯を痛めることなく手に入れることができます。そして口元に自然な笑顔がこぼれます。歯を失った方も、インプラントで笑顔を取り戻してください。

確かな診療技術と高度な設備のもとで、安心・安全なインプラント治療を行います

インプラント 歯周外科で学び、口腔外科の研鑽も積んできた経験を活かし、歯ぐきの骨が薄いケースなどの難症例のインプラント埋入も手がけてきました。専門家の立場から、まず歯周病を治し、咬み合わせなども総合的に診断します。そして、本当にインプラント治療が必要かどうか、インプラント治療が可能かどうか、慎重に検討して治療をご提案します。

さらに安心・安全なインプラント治療を行うために歯科用CTを導入し、専用オペ室を設け、高度な環境を実現するなど、多様な取り組みを行ってきました。ですので、安心してインプラント治療を受け、しっかりした噛み心地とお口の健康を取り戻していただくことができます。

インプラント治療のメリット ~ほかの治療法との比較~

インプラントインプラント
失った部分のみにインプラントを埋入するので健康な歯を痛めることがなく、見た目もとても自然で美しいこと、自分の歯のようなしっかりとした噛み心地を回復できることが特徴です。インプラントを埋入する手術が必要であること、インプラントと骨の結合に時間がかかること、費用が高額となることがデメリットです。

自費ブリッジブリッジ
隣の歯を削って特別な材料を使用して型を採り、専門の歯科技工士が顕微鏡を使用して作製し、歯科医師が接着します。良好な審美性と精密さが特徴です。

保険ブリッジ
隣の歯を削って一緒に被せます。前歯であればプラスチック製ですが白くすることもできますし、保険が適用できる治療法ですので比較的安価で済みます。

※ブリッジの場合は、いずれにしろ健康な歯を削合することや、複数の歯を固定することで結果的に様々なトラブルが予想されますので、当院ではおすすめしておりません。

入れ歯入れ歯
隣り合う歯を削る必要がなく、また取り外しが可能なため、清掃も自分で簡単にできます。両隣の歯に銀色のバネをかけるので、バネをかける歯に負担がかかります。

インプラントも、治療が終わってからのメンテナンスが重要です

インプラントインプラント治療後、ブラッシングなど日頃のケアを怠ったり歯科医院での定期健診を受けずにいたりすると、歯周病菌によりインプラントが感染して腫れたり、グラグラして脱落したりすることがあります。

治療後は毎日の正しいケアを行い、定期的にメンテナンスに来院していただくことが大切です。当院では、来院者さまの症状やライフスタイルに合わせたメンテナンススケジュールをご案内し、またご家庭でのケアについても徹底的に指導させていただきます。メンテナンスで、末永く笑顔で快適に過ごしていただきたいと考えています。

インプラント治療の流れ

1. 精密検査・診断・治療計画インプラント治療の流れ
レントゲン(CT)検査と模型で骨の状態を確認します。必要に応じて血液検査など、全身状態の確認を行います。その上で、インプラント治療が可能かどうかの診断を行い、治療計画を立てます。通常、インプラント体の骨肉への埋入と、骨との結合期間をおいたあとの粘膜貫通部の形成を2回に分けて行います。

2. 人工歯根(インプラント)埋入インプラント治療の流れ
インプラント体は、生体親和性が高く、世界的にも信頼されているインプラント(オステム・スプライン・ブレーンベース)を使用しています。手術では、局所麻酔で歯ぐきを切開し、インプラントをあごの骨の中に埋め込みます。その後、歯ぐきを縫合し、インプラントを保護します。通常は抜歯程度の手術です。1週間程度で抜糸します。

3. 結合期間インプラント治療の流れ
骨とインプラントが結合するまで、目安としては上あごで3~6か月、下あごでは3~4か月の治癒期間が必要です。

4. 粘膜貫通部の形成インプラント治療の流れ
埋入したインプラントの頭部を出して土台が入る粘膜の形を整えます。その後、精密な印象をとり、上下の咬み合わせを決めていきます。

5. 人工歯を装着し、咬み合わせの調整を行って、経過を見ていきますインプラント治療の流れ
治療後は、歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。インプラント粘膜貫通部の炎症、咬合力のかかり具合には特に注意して経過をみなければいけません。インプラントを良好な状態で末永く使用していただくために、定期健診は必須です。なお、当院では定期的なメンテナンスを受けることができない方にはお勧めしておりません。

歯を失った方にも、しっかり噛めるようにして健康を維持してほしい

義歯治療

残念ながら歯をなくし、義歯治療を選択された方にこそ、適切な義歯でしっかりと噛んで食事を楽しみ、健康を守っていただきたいと私たちは考えています。そのために、自分の歯のように使える義歯をご提案し、きめ細かい調整を行っています。

人の身体は年齢に伴って刻々と変わります。お口の中も変わります。また、咬み合わせは1日の中でも変動します。特に根を詰めたり無理な姿勢を続けることで、義歯にも不具合を生じることがあるのです。当院では、義歯の方にも定期健診を受けていただくようご提案しています。歯を失くしたからこそ、お口の中の予防が大切になってくるのです。

症状やご予算に合わせて、最適な義歯治療をご提案します

義歯治療としては、総入れ歯、部分入れ歯、ブリッジがあります。当院では、来院者さまの症状やライフスタイル、ご要望やご予算に合わせて、さまざまな種類の中から最適なものをご提案します。

痛くない部分入れ歯【ミラクルデンチャー】ミラクルデンチャー
保険診療での入れ歯の場合、バネをかける歯に負担がかかり、食べたものがよくはさまる、金属のバネが見える、残っている大切な歯がむし歯になりやすいなどのデメリットがあります。

そこで当院では、インプラントに次いで自分の歯のように噛むことができ、痛くない入れ歯「ミラクルデンチャー」をお勧めしています。負担をかけず、お口を守ることを重視しているため、安心して使っていただくことができます。インプラント治療には適さない方や、ブリッジでほかの歯に負担をかけたくない方、保険の入れ歯やこれまでのノンクラスプデンチャー(金属のバネがない、特殊な樹脂でできた部分入れ歯)に満足していなかった患者さまに最適です。

●ミラクルデンチャーのメリット
・残っている歯に負担はかけない(=歯を守る)
・従来の入れ歯よりも小さいので、違和感が少ない
・24時間装着できる
・入れ歯の下に驚くほど食べ物が入りにくい
・本来の食べ物の味わいを取り戻すことができる
・金具がない、あっても非常に小さいため目立たない
・1歯から13歯欠損まで対応できる

義歯治療の流れ

総入れ歯部分入れ歯ブリッジ

総入れ歯
【1】 1日目:歯ぐきの型を採り、模型を作ります。 【2】 2日目:咬み合わせを決めます。咬合床を取り付け、お口全体の状態を調べながらロウを加工し、咬む位置、床の大きさ、歯の色や形、張り出し具合などを決めます。 【3】 3日目:必要に応じて試適を行います。完成する前に最終的なチェックを行い、出来具合を確認していただきます。 【4】 4日目:できあがった入れ歯を装着します。取り扱いについてご説明します。 【5】 最終調整を数回行い、治療は終了です。装着後は、毎日のお手入れと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。

部分入れ歯
【1】 1日目:歯ぐきの型を採り、模型を作ります。 【2】 2日目:咬み合わせを決めます。咬合床を取り付け、お口全体の状態を調べながらロウを加工し、咬む位置、床の大きさ、歯の色や形、張り出し具合などを決めます。 【3】 3日目:必要に応じて試適を行います。完成する前に最終的なチェックを行い、出来具合を確認していただきます。 【4】 4日目:できあがった入れ歯を装着します。取り扱いについてご説明します。 【5】 最終調整を数回行い、治療は終了です。最初は異物感がありますが、徐々に慣れていきます。毎日のお手入れと、歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。

ブリッジ
抜けてしまった部分の前後の歯を削合して強度のある材料(金属やジルコニアなど)で抜けている部分をつなぐ方法です。歯科用セメントで固定します。抜けている歯の数、その部分の状態、橋げたとなる歯の状態によって設計は異なります。

【1】 設計に基づき歯のない部分の両側の歯を削ります。 【2】 型を採り、咬み合わせを記録します。 【3】 歯が動いたり咬み合わせが狂ったりするのを防止するために仮歯(プラスチック系の材料で製作します)を入れておきます。 【4】 できあがってきたブリッジをお口の中で調整し、一度仮着して様子をみていただきます。 【5】 仮着期間中、特に問題がなかったことが確認できたら、最終調整を行い、歯科用セメントで固定します。装着した時、一時的に特に金属製ブリッジの場合、冷たいものがしみることがあります。また、咬み合わせもいつも同じ状態であることは大変むずかしいので、定期的なチェックが必ず必要です。

きれいな歯並びはむし歯や歯周病になりにくいことから健康につながるため、矯正治療も予防の1つと考えています

矯正歯科

歯並びが悪いと歯磨きがしにくく、むし歯や歯周病になりやすく、また、咬み合わせが悪いとうまく咀しゃくができないことから上手く飲み込みができないなど、身体にも悪い影響を与えます。また口元にコンプレックスや悩みがあると、精神的なストレスにもなります。

特に、子どもの歯並びや咬み合わせの不具合は、健康や成長に悪い影響を与えると考えられます。当院では、予防という観点からも歯列矯正のメリットに注目しています。歯を大切に思うからこそ、よりきれいな歯並びで歯を生かす矯正治療に力を入れております。

【小児矯正】将来のために、小さいうちからの矯正をお勧めしています

矯正歯科将来の不正咬合を予防するという観点から、子どもの矯正治療のメリットは大きいと考えられます。永久歯が生え揃う前の矯正治療は、歯やあごに負担をかけずに成長発育を利用・コントロールしながら行えるため、不正咬合の芽を予防し、良好なあごや顔面の発育、正しい口腔歯周筋の発達が期待できます。

また将来、矯正治療をするとしても抜歯の必要がなくなったり、矯正期間の短縮につながったりすることが多いのです。成人してから矯正治療を受けるよりコスト的にもメリットが大きいと言えます。歯はそれぞれ役割りを持って生まれてくるものですから、すべての歯を大切にしながら矯正治療に携わっています。

当院では永久歯列の矯正も行っていますが、あごなどの成長が止まっているため、時間がかかったり、抜歯が必要になったり、後戻りしやすかったりといったデメリットもあります。お子さまの歯並びが気になるときは、早めにご相談ください。

子どもに負担の少ない、取り組みやすい矯正を心がけています

矯正歯科子どもの歯の並び方や骨格などは一人ひとり違うので、成長の状態を見ながら必要に応じて装置を変えていきます。取り外しのできる装置を中心に使いますので、子どもへの負担や、むし歯の心配が少ないのがメリットです。

治療は7~8歳頃から始められます
治療開始時期は、お子さまの状態・年齢にもよりますが、歯型を採ることができれば開始できます。治療期間は、通常すべての乳歯が永久歯に生え替わる頃(およそ12歳頃)まで必要です。

ただし矯正治療は、ご本人が積極的に治療に取り組み、根気よく装置を装着することが大切です。「お父さんやお母さんに言われたから」ではなく、お子さま自身が「歯並びを治したい」と前向きに考えられるように、親子でよく話し合っていただくことをお願いしています。

症状や成長に合わせて最適な矯正装置を選択します

ビムラー装置矯正装置
成長期の上顎前突(出っ歯)、叢生(でこぼこ)、下顎前突(受け口)の治療に使う、取り外し式の機能矯正装置です。就寝時(8時間以上)の使用により、噛む力と舌・唇の力などで歯とあごに働きかけ、上下の歯並びを整えます。舌や唇、頬の力のバランスを整え、自然な感じの顔立ちに整えることが特徴です。装着・使用が簡単で、成長期に効果があります。

チンキャップ矯正装置
下顎前突(受け口)の治療に使う、頭や顔を覆う形の歯列矯正装置です。見た目はあまり良いものではありませんが、きちんと装着時間(1日12時間以上)を守れば、上下顎の位置やバランスを改善する確実な効果が得られます。

その他
拡大床やリンガルアーチなどの固定式矯正装置も使用します。

矯正装置
床タイプ側方拡大装置
矯正装置
SLAアクティブタイプコイル付
矯正装置
クオッドヘリックス S.Tロック
矯正装置
ペンデックス
矯正装置
リンガルアーチフィンガースプリング付
矯正装置
クオッドヘリックス

指しゃぶりや口呼吸が歯並びの乱れの原因に【咬合育成の取り組み】

咬合育成最近は、歯並びの悪い子どもが増えています。指しゃぶり、爪噛み、唇を噛む、口呼吸、うつぶせ寝、頬づえなどの悪習癖があると、一定方向に力がかかってあごや顔の成長に悪影響が出て、お口の中が正しく成長しません。また、柔らかい食品を好み、あまり噛まなくなっていることも影響しています。

当院では、歯やお口の成長に影響するクセや生活習慣を見直し、歯並びの乱れを予防して健全な咬合育成へと導く指導を行っています。

●健全な歯並び、咬み合わせをつくるために気をつけたいこと
・よく噛まないと食べられない食事を作る(加工しすぎないこと)
・食事中はよく噛み、水分で流し込まないようにする
・口を閉じて噛むようにする(口の周りの筋肉を鍛え、鼻で呼吸する習慣がついてきます)

その他、うつぶせ寝、頬づえ、噛み癖(爪、毛布など)、不良姿勢(食事中、長時間のTV、ゲーム)などは早めに正しておきましょう。

「お口ポカン」の口呼吸になっていませんか?

お口ポカン口呼吸の原因は1つではありません。口呼吸の原因は、鼻疾患がある(口蓋扁桃肥大・アデノイド・花粉症・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎など)、舌の癖がある、口の周りの筋肉の状態が弱い、子どもの頃の指しゃぶり、骨格的な原因などがあります。

歯並びは食事の仕方や舌の癖などの生活習慣の結果なので、口呼吸の習慣を治さずに矯正治療で歯並びを治しても、結局後戻りしてしまいます。舌の位置異常を改善するために、舌の位置やお口周りの筋肉機能を高めるトレーニングをすることが必要です。当院では、「あいうべ体操」や「口腔筋機能療法(MFT)」など舌の癖を治す指導も行っています。

あいうべあいうべあいうべあいうべ

あいうべ体操
口を大きく開けて「あ~い~う~べ~」と動かします。お風呂やお散歩のときなどに、親子で一緒に楽しく取り組んでください。

【成人矯正】大人でも矯正治療できれいな歯並びに

成人矯正歯並びなど口元に悩みやコンプレックスがあると、プライベートや仕事でも消極的になりがちです。きれいに揃った歯並びで笑顔に自信を持ち、人前でも積極的に話したり笑ったりできるようになっていただきたいと考えています。

当院では、これからの人生をより快適なものにするために、気になるところだけを治す部分矯正や、日常生活に支障をきたさない成人矯正治療をご用意しています。

矯正が必要な不正咬合について

不正咬合とは、上下の歯が適切に咬み合っていない状態全般を指します。歯列が乱れているものから、あごそのものがずれていることが原因のものまで、次のような種類があります。

叢生(乱ぐい歯)不正咬合
あごが小さくて歯がきれいに生え揃うために必要なスペースが十分確保できず、歯と歯が重なるように生え、歯並びがでこぼこしている状態です。いわゆる八重歯(犬歯が歯列からはみ出して生えている状態)も叢生の一種です。不正咬合の中で日本人に一番多いタイプです。早期治療でもスペースが十分なければ、永久歯の数を減らして(抜歯)歯並びを整えることがあります。

上顎前突(出っ歯)不正咬合
上の前歯だけが前方に出ている場合と、下あごのズレが原因で歯が前に出てしまっている場合があります。日本人に多いのは前歯だけが前に出ているケースです。

下顎前突・反対咬合(受け口)不正咬合
下の歯が上の歯よりも前に出ている咬み合わせです。歯の咬み合わせだけが反対の場合と、下あごの骨のズレが原因の場合があります。子どもの時期からの早期治療が重要です。

開咬不正咬合
上下の歯をしっかりと咬み合わせたときに、前歯や小臼歯が咬み合わずに隙間が空いて、舌などが見える状態を言います。開咬にみられる症状として、舌突出癖があります。成長期から口元の癖の除去を行うことで、正常な咬み合わせに誘導できることもあります。

過蓋咬合(ディープバイト)不正咬合
咬み合わせが著しく深い状態のことです。上下の歯を咬み合わせたときに上の前歯が下の歯を覆ってしまい、ほとんど見えないようなケースです。放置すると将来、前歯の歯周病が進みやすかったり、顎関節症になる場合もあります。

交叉咬合(クロスバイト)不正咬合
奥歯の咬み合わせがずれ、上下の歯を咬み合わせたときに、上下の歯列がどこかで交叉している状態のものです。早期治療が必要です。

空隙歯列(すきっ歯)不正咬合
前歯の歯の間にすき間が空いている状態です。子どもの前歯のすきっ歯の場合は成長と共に自然とすき間が閉じることがあります。歯の本数が少なかったり、舌の癖や指しゃぶり、爪噛みなどが原因になっていることもあります。

ほかにも
●捻転歯(歯がねじれている)
●埋伏歯(歯が生えてこない)
●先欠歯(歯がないため生えてこない)
●異所萌出歯(歯が本来生えてくる場所とは異なるところから生えてくる)

などがあります。

歯を守るために最も大切なことは歯周病を予防すること

歯周病治療

歯周病とは、歯肉炎や歯周炎などといった歯の周りの病気の総称です。歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌が原因となって、歯肉や骨などの歯を支える組織に炎症を起こします。進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かして歯がグラグラし、最後には抜けてしまいます。歯周病は、歯を失う原因のトップでもある病気です。

歯周病は日本人の成人のうち、5人に4人がかかっていると言われます。しかも問題なのは、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気づかない間に悪化してしまうこと。出血などの症状が出始めたときには、かなり進行していることが少なくありません。

●こんなことは思い当たりませんか?1つでもあれば歯周病の疑いがあります
・歯を磨くときやリンゴを食べたとき、歯肉から出血する
・歯がグラグラする
・歯肉がときどき腫れる
・歯肉がムズムズすることがある
・口の中がネバネバしてさっぱりしない
・歯と歯の間によく食べ物が挟まる
・硬いものが噛めない、噛むと痛い
・口臭がある
・冷たいものがしみる
・最近、歯が長くなってきたように見える
・歯並びが乱れてきた

生活習慣病と考え、予防とブラッシング方法に力を入れています

歯周病の原因は、まず歯垢(プラーク)の中の細菌です。このプラークは、正しいブラッシングにより取り除くことができます。つまり、毎日の正しい歯磨きを続けることで歯周病を予防できますし、軽度の歯周病であればブラッシングだけで治ります。当院では歯周病を生活習慣病と考え、正しいブラッシングを中心とした予防と治療をご提案しています。

お口の中の環境や、予防・治療効果を確かめる位相差顕微鏡システム位相差顕微鏡
お口の中には500種類以上の細菌が生息していると言われています。当院は、位相差顕微鏡を活用して細菌の種類や数などを把握し、歯周病の診断、治療計画に活用しています。治療の前後の状態を比較することもできるので、効果を確認し、次のプロセスに役立てることもできます。

歯周病の予防と治療に効果的【「つまようじ法」ブラッシング】つまようじ法
まずはブラッシングに何か問題がある場合、日常使用されている歯ブラシを持参していただき、その上で効果的なブラッシング方法をご指導させていただきます。しかしご賛同いただけた方には、初診の段階からV7による「つまようじ法」を治療の一環として導入させていただきます。

つまようじ法は、つまようじを使うように歯と歯の間を磨くブラッシング法で、歯ぐきをマッサージすることで、歯と歯の間の歯ぐきが強くなります。つまようじ法を行うと、当初歯ぐきから出血することがありますが、出血は通常1~2週間で止まります。これはマッサージ効果で歯ぐきが強くなるからです。

V7ブラシを使った快感ブラッシング V7ブラシ
初期段階の治療が終わってからも、メンテナンス時にV7ブラシによるつまようじ法みがきをさせていただいてます。術後、すっきりとして気持ちが良いので「快感ブラッシング」と呼ばれています。

歯石を徹底的に除去し、予防につなげます

進行した歯周病の場合は、局部麻酔を行い、歯ぐきの深い部分に沈着した歯石除去を行います。また、ぐらつきが残っているような場合は歯を一時的に固定します。症状が改善したあとは、正しいブラッシングとプロによるケアを継続して受けていただくことで、長期にわたって安定した状態を維持することを目指します。

歯石を除去する【スケーリング】スケーリング
歯に付着した歯垢(プラーク)が石灰化したものが歯石です。歯石になると自分で取り除くことはできませんので、歯科医師、歯科衛生士が歯石除去を行います。同時に、プラークの沈着を防ぐために歯の表面をなめらかにします。

痛みなく歯石を取り除く【P-MAX】 P-MAX
歯石を除去する際、当院では超音波装置の中でも痛みを感じることが少ないスプラッソンP-MAXを使用しています。できるだけストレスのない快適な処置を心がけています。その際、殺菌効果のあるオゾン水、あるいはPOIC水を用います。

歯周病をコントロールすることは身体の健康につながります歯周病をコントロール
生活習慣病ですから、そのままでは残念ながら再発することが多いのが歯周病です。一生涯、自分の歯で生活していくために、適切なホームケアと定期的なプロによるケアを受けてください。糖尿病など全身疾患とも関わりの深い歯周病をコントロールすることで、お口の健康だけでなく、全身の健康も守りましょう。

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ歯周病治療の流れ歯周病治療の流れ

1. 歯ぐきの検査
・レントゲン検査:歯を支える骨の状態や、歯ぐきの奥の歯石をチェックします。
・染め出し検査:歯の表面についているプラーク(細菌)を専用薬剤でチェックします。
・写真撮影:治療前の歯ぐきの状態や歯石の付着状況を撮影し、保管します。
・歯周ポケット検査:専用の器具を使って歯ぐきの溝(ポケット)の深さを測ります。
・位相差顕微鏡検査:歯周病菌の動態を観察します。

2. 歯石の除去
まず見える部分の歯石を除去します。この段階でご家庭でのブラッシング状況をチェックし、正しいブラッシング方法をアドバイスします。

3. 専用の器具を使って歯ぐきの溝(ポケット)の深さを測る

4. 細いスケーラーで歯ぐきの奥にある歯石やプラークを取り除く
特に深い部分に歯石がある場合には、麻酔を使用することがあります。歯石を除去する際に出血することがありますが、これは歯ぐきの腫れによるものです。

5. 再度、歯ぐきの溝の深さを測る
改善された歯ぐきをいつまでも守るため、定期的に歯石を取り、毎日のケアをていねいに行ってください。

あなたの歯ぐきは健康ですか?【歯周病の進行】

健康な歯肉歯周病の進行
歯肉が健康なとき、歯ぐきやその周辺は淡いピンク色で引き締まっています。歯は歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)によってしっかり保護されています。

歯肉炎歯周病の進行
歯肉が炎症を起こすと赤く腫れ、磨くと出血しやすく、触れると縮むことがあります。炎症は歯肉に限られ、仮性ポケットができています。

軽度歯周病歯周病の進行
歯肉の炎症が進んでくると発赤と腫れが著しくなり、磨くとかなり出血します。歯の支持組織にも炎症が進み、歯周ポケットが形成され、骨の吸収も始まります。

重度歯周病歯周病の進行
歯周病がさらに進むと、歯と歯肉を結びつけて支えているセメント質、歯根膜、歯槽骨が破壊され、歯はぐらつき始めます。膿が出て口臭もひどくなり、やがて歯が抜けてしまいます。

痛みの少ない治療、再発しない治療を心がけています

むし歯治療

初期のむし歯の場合は、フッ素塗布などで治ることもありますので、予防しながら経過をみることが大切です。削って治療してしまうと、歯にダメージを与えてしまいます。できるだけ歯を削らず、予防することで、歯の延命を図ることがとても大切だと考えています。

もちろん、進行したむし歯の場合は治療を行います。さらに歯磨きなどのお手入れ方法や生活習慣の改善を行い、むし歯を新しくつくらない、進行させない予防対策を行います。

痛みの少ない治療を実践するために

麻酔注射の痛みもできるだけなくします痛みの少ない治療
歯科医院が苦手という方は、麻酔の針が刺さるときのチクッとした痛み、麻酔液の注入時の痛みが苦手というケースが多いようです。当院では、表面麻酔や細い針を使い、また呼吸に合わせた刺入などで痛みをできるだけなくしています。麻酔注射の痛みが心配な方も、どうぞ安心して受診してください。

2種類のレーザーを使い分けています
歯科治療に対する「怖い」「痛い」というイメージを取り除き、痛みのない治療を実現するために、2種類のレーザーを駆使しています。

●ライトタッチレーザーライトタッチレーザー
ほとんど麻酔なしで歯を削る治療ができるレーザーです。水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されており、ほとんど痛みを感じないむし歯治療が可能です。今までのドリルのように削る時のイヤな音や衝撃がありません。用途も広く、むし歯だけでなく歯周病治療にも有用で、とてもたくましいレーザーです。

●オペレーザー(炭酸レーザー)炭酸レーザー
炭酸レーザーのレーザー光は、患部に接触することがなく、治療後の痛みや腫れもありません。抜歯後の止血やむし歯の進行予防、知覚過敏の処置などに幅広く使えます。

むし歯の進行に合わせて治療を行います

むし歯が神経まで達していない場合の治療 
<う蝕1度>C1
歯の表面のエナメル質にだけむし歯になった状態です。ごく初期の段階では予防しながら経過をみることもありますが、状態によっては治療が必要です。

<う蝕2度>C2
エナメル質の下にある象牙質にまで達したむし歯です。まだ神経に達していないので強い痛みはありません。しかし、冷たいものやときどき甘いものなどがしみ始めます。

●レジン修復
むし歯を削り取った部分に、ほぼ歯と同じ色の歯科用プラスチックを詰めて固める方法です。

1. むし歯になっている部分を必要最低限削ります
2. 色見本を使用して、詰め物の色を選びます
3. 削った場所の表面に接着剤を塗ります
4. コンポレットレジンという歯科用のプラスチックを詰めます
5. 照射器の光を当て、レジンを固めます
6. 形を整え、磨きます
7. 治療は完了です

●インレー(詰め物)修復
むし歯を削り取った部分の型を採り、その型で金属やセラミック、プラスチックなどの詰め物を作って詰めます。むし歯の大きさや咬合のかかり方などを加味しながら、レジン修復に適さない場合に行います。

1. むし歯になっている部分を削ります
2. 詰め物を入れやすい形にします(アンダーカットがない、適当な厚みが必要なため、切削量が多くなる)
3. 型を採ります
4. 仮の詰め物を詰めておき、次回の来院時までに詰め物を作ります
5. 最終調整を行い、詰め物を歯科用セメントでピッタリとくっつけます
6. 治療は完了ですが、術後しばらく冷たいものがしみることがあります

むし歯が神経まで達している場合の治療 
<う蝕3度>C3
むし歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態です。無症状なこともありますが、歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。ここまでくると、激痛を伴うことがあります。

●歯髄炎の処置
1. むし歯になっている部分を削り、傷んだ神経を取り除きます
2. 歯の根の部分をていねいに掃除し、消毒を繰り返します(この治療を数回行います)
※痛みはこの時点でなくなりますが、ここで中断するとばい菌が棲みつき、治療前よりも悪くなってしまいます
3. 歯の根に根管用セメントを詰めて密封し、根の処置が完了したかをレントゲンで確認します(被せ物を作製し、装着する治療に移ります)

●歯根膜の処置(根管治療)
1. 歯の内部に入り混んだむし歯が悪化し、膿が根の先に押し出されます
2. ファイルという器具で根の中を慎重に清掃し、POIC水で洗浄後、高周波(コスモ)で殺菌し、無菌状態にしていきます
3. 症状がなくなり、根の中の無菌状態を確認できたら、最終的なセメントを詰めて、レントゲンで密封状態を確認して根の治療は終了です(被せ物を被せる治療に移ります)

抜歯を検討する場合
<う蝕4度>C4
歯の頭の部分がむし歯でなくなって、いわゆる残根状態とか、歯の根が折れてしまい、保存することがむずかしい状態です。こうなってしまっては、ほとんどの場合抜歯の必要があります。

健康長寿を目指す予防歯科は、健康で快適な生活の基本です

ウェルカムクラブ

歯は一生涯付き合っていくもの。年齢と共に、むし歯の再発や歯周病の悪化などさまざまな歯やお口の悩みが深くなってきます。生活習慣病など、お口と関わりのある病気も増えてきます。

そこで私たちは「お口の健康こそが豊かな人生への近道」という思いから、来院者さまに「笑う・話す・食べる幸せ」を思う存分感じていただくためにウェルカムクラブへの入会をお勧めしています(18歳以上)。私たちと一緒にお口の健康を維持し、健康で快適な生活を手に入れましょう。スタッフ一同、喜んでお手伝いいたします。

忙しい方ほど予防がお勧めです

ウェルカムクラブ「忙しくて定期的に歯科医院に通院するのは大変!」と思われていませんか?しかしむし歯や歯周病は、正しい毎日のケアと1~3か月に1回程度の定期健診で予防できます。たとえむし歯や歯肉炎になってもごく軽症で済むので、その場で簡単に治療することができます。

反対に、むし歯や歯周病が重症化してからでは治療に時間がかかり、何度も通院しなければなりません。ですから、忙しい方ほど予防歯科で健康を守ってほしいと考えています。ウェルカムクラブを活用して、私たちと一緒に気軽に楽しく歯を守りましょう。

●大人の方へのお得な特典をご用意しています【ウェルカムクラブ会員特典】
「つまようじ法」を指導 入会時にV7歯ブラシを1本プレゼントし、歯と歯の間の汚れも取れてお口の中のすっきり感を実感できる「つまようじ法」を指導します!お誕生月プレゼント!80歳で健康な歯が20本以上あると、8020表彰!ホワイトニング10%OFF 歯の健康を維持しながら、ホワイトニングもお手頃な価格でできます。歯の色が気になる方にお勧めです。ケアグッズ全品5%OFF お口の健康を維持するためのケアグッズを、お得にご購入いただけます。

部活や勉強で忙しい中高生は、むし歯や歯肉炎を適切に予防しましょう

ウェルカムJr.クラブ

永久歯が生え揃うこの時期は、永久歯が未熟なため、むし歯になりやすい時期でもあります。また、塾通いや部活動で忙しくなって生活が不規則となり、むし歯や歯肉炎に深くかかわる食生活も乱れがちになります。

そこでウェルカムジュニアクラブでは、お口の健康をサポートするために2~3か月ごとに定期健診を行い、一人ひとりに合ったアドバイスでむし歯や歯肉炎から歯を守ります。忙しい中学生、高校生の皆さまにも来院しやすいように、夏休み・冬休み・試験休みなどを利用していただくなど、予防に取り組みやすいよう柔軟な対応をしています。

女子も男子もきれいな口元は魅力アップのもと

ウェルカムJr.クラブ10代になり、成長した子どもたちが魅力的なルックスになりたいと思うのは当然のこと。でも、髪の色や髪型、お化粧などよりももっと魅力的に見た目をアップするのが、健康できれいな口元です。人前でも、自信を持って話したり歌ったり笑ったりできる、美しい口元ではないでしょうか。

お口の中に汚れ・歯垢・歯石がついていたり、口臭があったりしては魅力も台なしです。白い歯とピンク色の歯肉でお口に自信を持ち、充実した毎日を送っていけるように、私たちがお手伝いいたします。歯並びや歯の色などの気になるお悩みも、お気軽にご相談ください。

●中高生にぴったりな特典があります【ウェルカムJr.クラブ会員特典】
・フッ素塗布が受けられる!
・1年に1回、口腔内の写真を撮る!
・6回来院すると、すてきなプレゼントがもらえる!

歯にとって最も大切な時期!将来のために小さい時期から歯を守り、予防習慣をつけましょう

カムカムクラブ

乳歯が生え始めてから永久歯が生え揃うまでが、歯の健康を考えると最も基本的で重要な時期です(1歳~小学生)。大切なお子さまの歯を一生涯にわたって守るための予防は、ここから始めることが必要です。そこで、保護者の皆さまと一緒に最も重要な時期を楽しく予防することで永久歯"むし歯ゼロ"を目指すのがカムカムクラブです。

歯の大切さを知り、予防する習慣をつけることに加え、むし歯や歯肉炎のない口腔を形成し、噛むこと、話すことなどの機能が健全に成長していくように専門家の視点からサポートします。

楽しく予防習慣を身につけられる特典やイベントを用意しています

カムカムクラブ幼少期から親子で楽しく無理なく健康意識を身につけていただけるように、さまざまな取り組みを行っています。1~3か月に1回定期健診を行い、フッ素の利用や歯磨き指導でむし歯予防をしながら、お口の健康をサポートしていきます。

歯に良い食べ物、献立、食べ方、時間、食べ物と飲み物の関係など、アンケートをもとに一人ひとりに合ったアドバイスを行い、身体の成長を考えた生活指導を行います。人生において、最もお口の中が変化する時期。大切なお子さまの歯の健康を、保護者の皆さま、私たちスタッフの皆でサポートしていきましょう。

●楽しく通院して予防するから、歯医者嫌いをつくりません 【カムカムクラブ会員特典】
・無理なくむし歯予防ができる!
・3か月に1回、フッ素を塗布!
・お口と顔写真の成長記録が残せる!
・カムカムカードにシールを貼って、ごほうびがもらえる!
・シールが集まると「ジャンボガチャポン」に挑戦できる(シール3枚で1回)!
・クリスマス会など、楽しいイベントに参加できる!
・お口についての相談がいつでも気軽にできる!

歯が悪い人だけでなく、良い人も「健康長寿」を目指すための予防歯科!

予防歯科

「歯を治すだけではなく、お口の中を健康にして健康長寿を目指す」これが当院の診療です。お口と身体には密接な関係があります。歯が丈夫でお口が健康な方は、身体も元気です。反対に、歯を失ったり、うまく噛めなかったり、口腔ケアが行き届いていない方は、身体にも病気やトラブルが起きやすいものです。ビバ・スマイル歯科は、お口は健康の入り口ととらえ、幅広い視点から、歯を守り、身体を守る対策を考えています。

歯を失う原因の約8割は歯周病によるものです。またむし歯は、治療しても多くは再発し、だんだん悪くなって最後は抜歯となることも少なくありません。しかし、むし歯や歯周病は生活習慣病でもあるため、予防することができます。ビバ・スマイル歯科は、お口から全身の健康までを考えた歯科診療により、健康寿命を延ばしていただきたいと願っています。

予防を大切にするから「患者さま」ではなく「来院者さま」とお呼びしています
ビバ・スマイル歯科では、来院される方々のことを"患者さま"ではなく"来院者さま"とお呼びしています。当初は患者としてむし歯や歯周病の治療に来られた方も、治療後は予防により健康な口腔内を維持していただきたいと願っているからです。そして、一人ひとりが自らの意志で来院されてお口の予防を実践し、健康づくりをされるお手伝いをすることが私たちの役目だと考えています。

長い目で考えると、予防は治療より経済的で負担も少ない

予防歯科多くの場合、むし歯の治療では歯を削ることが必要です。詰め物や被せ物には寿命があり、材質にもよりますが、一般に5~10年で取り替える必要があります。また取り替える際にも本来の歯を削る必要があるので、5~6回の取り替え治療で歯そのものも寿命を迎えてしまうことになります。

10~20代でむし歯になり歯髄(神経)を取ってしまうと、歯質がもろくなり、根が割れて、比較的早期にその歯を失う可能性が高くなり、インプラントや入れ歯など高額な治療が必要となります。数か月や1年の単位で考えると予防の定期健診は割高で手間がかかると感じられるかもしれませんが、生涯をとおして考えると、歯の延命を図ることで、治療費や治療にかかる時間を最小限に抑えられるのです。治療するよりも効果的に予防をする方が、精神的、時間的、経済的な負担が大きく軽減されるのです。

お口は健康の入り口。お口から全身の健康を守りましょう

予防歯科近年、お口の中の悪い細菌が心臓病や糖尿病、肺炎の原因となっていることがわかってきています。たとえば歯周病を放置すると、歯周病菌やその代謝産物が歯肉の毛細血管から全身の血液中に入り、糖尿病や動脈硬化などの原因となるのです。また歯周病菌は、寝たきりの高齢者の誤嚥性肺炎による死亡の原因としても挙げられています。

言い換えれば、予防歯科でお口の中を清潔に保つことは、全身の健康にもつながるのです。事実、歯周病治療によって糖尿病が改善する可能性があることがわかっています。お口は病気の入り口でもあり、健康の入り口でもあります。毎日の食生活や歯磨きなどの生活習慣を見直し、歯の病気を予防し、全身の病気も予防し、改善していきましょう。

確実に予防していただくために、通院しやすい環境づくりに力を入れています

予防歯科「歯が痛い」と来院されても、原因はむし歯とは限りません。ほかにもいろいろな原因が考えられます。

ビバ・スマイル歯科では、来院者さまに対して事前のカウンセリングを実施し、痛みの原因を見極め、最適な治療方法を提案できるように努めています。そして、患部の状態をしっかり確認したあとには、豊富な経験と知識から、ご要望も伺いながら最適な治療方法をご提案し、ていねいにご説明します。

プライバシーと感染予防に配慮した個室の治療室を完備
治療室はすべて完全個室ですので、ほかの方に治療中のお顔を見られる心配がありません。お悩みはもちろん、費用や治療期間などのご質問やご心配も、安心してお話ししていただけます。どんなことでも遠慮なくご相談ください。

快適な治療のための設備
安心して通院していただけるように、万全の感染対策を行っています。オートクレーブやガス滅菌器などのハイレベルな滅菌・消毒設備を導入し、インプラント治療は高度な清潔環境である専用のオペ室で実施するなど、安全で確実な治療を実現しています。

設備設備設備

一人ひとりに合わせた予防プログラムをご提案します【予防歯科メニュー】

予防歯科メニュー当院の予防歯科では、まずお口の中のトラブルがないかどうかをチェックし、お口の状態と生活環境に合わせた食生活や生活習慣のアドバイスや正しいホームケアをていねいに指導します。

その後、歯科衛生士が、歯の形や歯並び、歯垢のつき方、お手入れの苦手なところなどを見極めて、歯垢や歯石、着色汚れの除去、PMTC(プロが行うクリーニング)などを行い、フッ素塗布などで仕上げます。こうした予防歯科を定期的に受診していただくことで、病気やトラブルを未然に防ぎ、日常の簡単なケアで健康で美しい歯を保つことができます。

歯垢(プラーク)や歯石を除去【スケーリング】予防歯科メニュー
歯垢(プラーク)や歯石は口腔内の細菌で形成され、むし歯や歯周病の原因となるため、定期的な除去が不可欠です。硬くなった歯石はスケーラーという専用の器具で除去します。歯垢の除去は毎日のご家庭での歯磨きが基本となるため、ブラッシング指導もていねいに行います。

プロによる歯のクリーニング【PMTC】(歯面清掃)予防歯科メニュー
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)では、毎日の歯磨きで落ちない歯の汚れ、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分、歯ブラシでは磨くことができない歯ぐきの中などを、専用のブラシなどで器械的に除去し研磨します。

また、歯磨きでは取れないバイオフィルム(歯面のぬめり)を除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。むし歯や歯周病の予防だけでなく、口臭の改善にも効果があります。

お子さまに安心【シーラント】予防歯科メニュー
臼歯の噛む面の深い溝は、食べ物が詰まりやすい上にブラッシングがしにくく、むし歯になりやすいところです。そこで、乳歯の奥歯や生えてすぐの永久歯の奥歯がむし歯になる前に、歯の溝の深い部分にプラスチック等の樹脂を流し込む処置がシーラントです。溝の中に食べ物が残らず、ブラッシングもしやすくなるのでむし歯予防に効果があります。

POICウォーター(エピオス水)を歯周病の予防や院内感染予防に役立てています

POICPOICウォーターは、人間の体内で働く免疫細胞が殺菌する過程で産生する次亜塩素酸の殺菌力と安全性に着目し、化学薬品を一切使わず、高濃度の塩分と水で分解して作った電解機能水です。タンパク質分解洗浄と殺菌の2つの機能を持ち、タンパク汚れを分解洗浄して、ほとんどの細菌・ウイルスなどを瞬時に殺菌することができます。

薬剤・薬品を一切使用していませんので、小さいお子さまからご高齢の方まで、どなたでも安心して使用していただけます。当院では、この機能水をお口の中のクリーニングや洗浄に役立てると共に、ホームケアでも活用していただけるように販売を行っています。

・化学薬品ではありませんので、アレルギーの心配もなく、飲み込んでも害はありません。
・ブクブクうがいができるようでしたら、小さいお子さまからでも利用していただけます。
・フッ素洗口の前にPOIC水でブクブクうがいをしていただくと、タンパク汚れがとれて、歯面にしっかりとフッ素が取り込まれます。

予防を徹底し皆さまのお口を守る当院独自の取り組み

予防歯科来院者の皆さま一人ひとりが、一生涯にわたってご自分の歯で健康的に楽しく過ごしていただくことが私たちの願いです。そのお手伝いをするために、年齢に合わせた効果的な歯科予防システムをご提供する健康クラブを設けています。

健康クラブでは、会員さまとの双方向のコミュニケーションを大事にし、ご本人さまやご家族が健康づくりの主体となって、個々の健康問題や日々の生活といった異なる条件の中で、私たちプロの支援のもとに、より良い状態を目指していただくことを目的としています。

会員さま一人ひとりがセルフケアを確立され、豊かな人生を送っていただくことが、私たちの願いです。

カムカムクラブ(1歳~小学生)
ウェルカムJr.クラブ(中高生)
ウェルカムクラブ(18歳以上)

まずはご相談ください

アクセス お車でお越しの方 診療カレンダー