セレック外来

セレックを用いた最新の修復治療

セレック治療は、最短わずか1回の通院で失った歯を患者様の理想とする歯へと修復することのできる保険適用外の治療です。

従来の修復治療のように歯の型取りを行ったあとに技工所に出す必要がないため、最短で修復物を作製することができ、修復物が出来上がるまで仮歯を付ける必要もありません。

また、保険治療で行う銀歯やコンポットレジン(プラスチック素材)の充填物と比べて、接着強度が20倍以上あるため耐久性が非常に高く、85%の確率で18年以上長持ちするという統計データも出ています。

さらに、セレックで作製した修復物にはセラミックを使用するため、歯垢や細菌が付着しにくく、虫歯になりにくい(または再発しにくい)メリットもあります。

セレック外来

審美修復治療を最短1日で終了させることができるセレック

セレック外来通常、歯が欠けたり、虫歯治療で歯を削った後はプラスチックや金属、セラミックなどを使って修復治療を行います。

ただ、従来の方法では手作業で修復物を作製していたため、修復物を歯に装着するまで1〜2週間ほどの期間が必要とされてきました。

しかし近年、修復物の製作工程をコンピュータ制御の機器に置き換えることで効率的に修復物を設計・加工する「セレックシステム」が登場し、当院も導入いたしました。

素材には自然歯と最も近いセラミックを使用し、セレックシステムによって素材を削り出し、つめ物やかぶせ物、ラミネートベニアなどの審美修復治療を最短で1日で終了させることができます。

セレックのメリット

●セレック治療は従来の修復治療と比べ、下記のようなメリットがあります。
・セラミックは歯への馴染みが良く、自然な審美性を再現します。
・最短90分で治療を終了することができるため、修復物ができるまでの間に仮歯を装着する必要がありません。
・虫歯治療に適用する場合、二次的な虫歯になりにくい。
・従来のセラミック修復と比べて2〜3倍の強度を出すことが可能です。

セレック外来


金属アレルギー外来

歯科治療が原因となる金属アレルギーへの対応は、歯科医師の使命

「指輪やネックレスでかぶれやすい」「歯科医院で治療を受けてから体調がすぐれない」などでお悩みではありませんか?もしかしたら金属アレルギーかもしれません。歯科金属にはいろいろな金属が含まれているため、お口の中に装着している銀歯や入れ歯などで使用される金属が原因となり、全身にアレルギー症状を発症することもあります。

歯科医師として金属アレルギーには責任を持って対応していきたいと考え、当院では金属アレルギー外来を開設し、全身の健康にも配慮した治療を行っています。

金属アレルギー

原因不明のお肌のトラブルや体調不良は、金属アレルギーかもしれません

金属アレルギー口内炎をはじめ、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎など、歯科金属による金属アレルギー症状は、お口の中だけでなく、直接金属が触れていない全身にも現れます。昔の歯科治療で使用した金属が長い時間をかけてお口の中に溶け出し、それが過剰に体に取り込まれることでアレルギー反応を起こしてしまうのです。

金属アレルギーの原因となりやすいのは、コバルト、スズ、パラジウム、インジウム、ニッケル、クロム、水銀などがあります。特に歯科治療で使われることの多いパラジウムと銀、水銀を含むアマルガムが原因のことが多いようです。

金銀パラジウム合金
保険治療で一般的に使用される金属で、銀歯の詰め物や被せ物は基本的にこの金属で製作されます。

銀合金
神経を取った歯の土台などに使用されます。錆びやすく、溶け出して歯ぐきが黒く変色する原因となります。

アマルガム
レジン(歯科用プラスチック)が使用される20年以上前に、頻繁に使用されていたのがアマルガムです。アマルガムに用いられるのは無機水銀で、アレルギーや不定愁訴を引き起こすとも言われています。